オホーツクの荒波が…鱒浦駅。思えば遠くへ来たもんだ

はるばるきたぜ!

なんて北島三郎の意気揚々とした唄の出だしなんて、網走駅にはない。
特急の終着駅なのでそれなりに大きいが、無駄にデカい感が否めない。

今の駅舎はすでに築41年目だが、竣工当時と比べて

網走都市圏の過疎化
②長距離客が女満別空港発着の航空便や、長距離バスに移行した
③自家用車保有率の増加

などが重なって、利用客が激減してしまった現実が否めない。網走駅が今度建て替えになるときは規模縮小が否めないんだろうなぁ…なんてレベルを通り越し、石北本線・釧網本線の廃止まであって網走駅自体も廃止の波に巻き込まれるかもしれないと思わされる。

網走駅の周りは、それなりにビジネスや観光等での来訪者拠点になっているので、特急などでやってきた場合を除き

最果てにやってきてしまった

思えば遠くへ来たもんだ

なんて思いにくい。

そんな網走駅から、釧網本線鱒浦駅へ、カーナビの案内設定に従ってクルマで進んだ。

道路の構造から、網走駅方面から鱒浦駅の前に最初にたどり着いたときは、クルマを停めようがなかった。
そのままスルーしてしばらく進んでUターンしてから、駅へ向かう階段手前のスペースに停められるスペースがあったので停め、駅へと向かった形だった。

網走の市街を外れ、オホーツク海と山にはさまれた間の国道244号線を斜里方向へしばらく行った最初の鱒浦集落の、網走市街側の外れにあるのが鱒浦駅である。一目瞭然の無人駅だ。





JR鱒浦駅1
まずは、鱒浦駅駅舎に向かう階段前から。
背後には国道244号線があり、その先にはオホーツク海が広がっている。
クルマを留めたのは、このすぐにある、送迎車が停まるのがせいぜいの退避スペースだった。

JR鱒浦駅2
階段を上り、駅舎前へ。
乗降客数のせいだろう。小屋程度の大きさである。

少し先にはオホーツク海が広がっている。

それにしても、風雪にさらされ、朽ちていく駅名標の姿は厳しい。
駅名標に貼られる「駅ナンバリング」にはまだ朽ちた感はないが、撮影時点で取り付けられて10年経つものである。駅名標はJR発足前後に取り付けられたもの? ペンキが剥げ落ち、サビに覆われてしまった取付用パイプは国鉄時代?

厳しい。

JR鱒浦駅3
線路側から見て、駅舎の左手(東側)には集落があると分かる。

鱒浦駅の配置は、道央・伊達市にある室蘭本線北舟岡駅みたいに、ホームの下が海なんて恐怖の配置になっていないだけ救いがある。

JR鱒浦駅4
駅舎から網走駅の方へ線路沿いに少し歩いてみた。
ホームが終わると、民家のような建物がある。

配置から民家のようには見えず、JR北海道の施設のようにも見えるが、民家かもしれない。
詳しくは、現地の関係者に聞いてみないとわからない。

JR鱒浦駅時刻表
小屋のような駅舎の中に掲示されている時刻表である。

網走行き、斜里行きとも1日7便ずつしかない。
ローカル線の厳しさを感じさせられる。

とはいえ、網走駅では読み取りにくかった高校生への配慮が、辛うじて読み取れるのも事実である。

7時22分、8時4分の網走駅行きは、いかにも桂台駅徒歩圏の網走南ヶ丘高校、網走駅徒歩圏ギリギリの網走桂陽高校への登校ダイヤと読み取れる。

15時20分、16時28分の釧路駅行きは、いかにも網走南ヶ丘高校、網走桂陽高校からの下校ダイヤと読み取れる。

19時2分のの釧路駅行きは、いかにも網走南ヶ丘高校、網走桂陽高校からの部活終了ダイヤと読み取れる。

その一方、高校生以外への配慮はサッパリ。高校通学時間帯と重なる通勤時間帯に運行があっても、17時過ぎ以降の退社への配慮がない。市役所、病院、銀行等へ行くことへの配慮もない。こちらは自家用車かタクシーを使えと切り捨てるしかない現実が見え隠れしてしまう。





当ブログでは、道なりの順番で網走駅の次に鱒浦駅を掲載したが、実際の撮影順は逆である。
網走駅の前を通過し、鱒浦駅へ。その後網走駅へ。

尚、鱒浦駅から網走駅へ向かう途中、桂台駅の写真も撮っていこうと、現地前をクルマで通過してみたが、現地周辺に停車できそうなスペースもなし、道路の形状で探すのも怖いということで断念しました。

旭川から点々と掲載していった、石北本線の駅の写真は、おまけの鱒浦駅を含めて、これで終わりです。





テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

街外れに、川と崖にはさまれた地形のせいで、周りが閑散とする網走駅舎

はるばる網走…

なんて書いてしまうと、「網走刑務所」を連想しそうになるが、「刑務所」には行かなかった。

地図を見ると、街としては北海道の北東(NE)の果てなんて配置になっている網走であるが、実際に行ってみると「最果て」のイメージを強く実感させられる。

単に道東をまわるだけじゃあ面白くないと、旅程の設定で老舗の寿司屋に行くことを最大の目的にしてしまった道東旅行だった。そんな道中、JR網走駅前に着いたので、駅舎写真を撮った。書くまでもないが、
駅前のホテルにチェックインし、駐車場にクルマを停めた後に。本当はミラーレスカメラで写真を撮りたかったのであるが、うっかり持って行かず、スマホで撮るしかなかったのが残念だ。





JR網走駅1
まずは正面写真
ただただデカい。

駅前は、駅のデカさが不釣り合いになってしまうぐらい寂しい。
ビジネスホテル、レンタカーの営業所が複数あるのは「中心駅の駅前」と説明がつくが、市民生活の匂いに乏しい。
これは単に駅の位置が街外れになっている上、写真に映る木々はすぐ裏手の崖、写真撮影箇所のすぐ背後には川が流れるなんて配置になっているせい。

JR網走駅2
改札前にて。
写真を撮影した17時8分の運行状況のせいか、北見駅で見られたような高校生の列がなかった。
「地方都市の中心らしくない」と最初は思ったが、単に市内にある2校(網走南ヶ丘、網走桂陽)の配置から、鉄道での通学が事実上ありえないせいらしい。2校へ通学できない人は、近くにアパートを借りるはずだから、駅への用もなさそう…
高校生が群れるどころか、影すら見えなかったのは、そのせいらしい。
現地にいた当日は初秋だったので考えが及びにくいが、冬場になったら積雪や路面凍結などでJRや路線バスの運行に支障がきたされることもあるはずだから、余計にアパートを借りることになるはずである。
ただ、アパートまで借りて高校へ進学しようとする人は、偏差値や進学実績、スポーツ強豪校みたいな要素も検討してから進学するはずなので、網走生活圏の中学校を卒業した後は、北見、旭川、札幌などへ行ってしまっても驚けない。

JR網走駅3
何気に待合室の写真を撮っていた。
駅の待合室にテレビが置かれる場合、NHK総合が流されるのはほぼお約束と考えて構わない。
ご丁寧に「NHK北見放送局」なんて、文字がプリントされた、ディスプレイの部分に穴をあけられた板に記されていたのでNHKが置いたものだろうと推測できてしまうから、NHK以外が流される可能性はないに等しい。
その日は平成二十九年秋場所三日目だったので、撮影した17時8分には、大相撲の実況中継がされていた。

それから、現地では気が付かなかったが、写真を改めてみて、経済的意味での網走の厳しさが見えてしまった。
待合室を囲む看板に、企業等の広告が全くなかった。全て撤収されてしまったので、しょうがなく四季それぞれの周辺観光地のイラストでスペースを埋めていますって感じがありありだ。
元・駅員配置の無人駅でもこんなことはなかった。





ここに載せた写真などを撮影した後、最大目的と設定した、中心部の老舗の寿司屋へ「歩いて」行った。
おいしかった。酒も頂いた。
何が…と書きたいのだが、それがヘンに拡散されてしまう事態になってしまったら、肝心なナニが乱獲されかねないので書かない。ホタテ、ホッキぐらいは書けるのだが、コアは書けない。
「歩いて」をわざわざ書くわけ、わかりますよね。寿司屋からホテルまで車で行ったら、飲酒運転になってしまいますから。

本来の予定なら、翌朝に改めて網走駅の写真を撮るはずだったが、現地に持ち込んだノートパソコンにトラブルが発生してしまった結果、その処置に時間をとられてそれどころじゃなくなってしまい、断念(T_T)

結果的に、載せられたのが3枚に終わる結果となってしまいました。





テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

ロータリーからは無人駅に見えるはずがない美幌駅

長々と、現役の北見市内にある駅を並べてきたが、緋牛内駅で完了した。
網走方面へ向かうと、その次は美幌となる。

緋牛内駅から美幌駅への移動は自らクルマを運転して行ったので、道中寝るはずもなく、意識を失うこともなかったのであるが、さっぱり記憶に残っていない。

国道39号線のどこぞで、道路沿いに突如、畑の方を見る一団が現れ、そのそばには観光バスが停まっていた

なんて事を思い出したが、それが緋牛内駅から美幌駅の間だったのか、美幌駅から網走市街の間だったのかについては、記憶があやふやになってしまった。

残してある、美幌駅についての写真を掲載します。





JR美幌駅1

途中経路がどーだったかは忘れてしまったが、美幌駅へは、駅を正面に見る箇所から左手の方から行く形になった。
たまたま、駅ロータリーに入る前に、全農の倉庫の間を通る形になった。

たたずまいがいい感じでないかい。
そんなことで、このあたりで何枚か写真を撮った。

倉庫は、太平洋戦争後の復興期(1950年代内外)に建てられたものか? と推定した。
「貯金は農協へ」とペンキらしきもので書かれた字体が、竣工時期を想起させる。

JR美幌駅2

えらく立派な駅舎でないかい!
と、どうしても見えてしまう。

しかし、この建物の大部分は、美幌観光物産協会と、その併設施設であって、駅そのものは時計台の右側のわずかな部分しかない。ついでに、この駅舎になった当時は有人駅だったのだが、2016年4月30日をもって有人営業が終了し、5月1日からは無人駅。建物の中に入った時のイメージは、相内駅や東相内駅同様、什器や駅員の控室などが撤去された後って感じで、がらーんとしたものだった。





JR美幌駅3

駅舎を出て、ホームに向かうための、線路を渡るための階段前に行った。
どう見ても、駅舎より古い。

赤く書かれた「足もとにご注意」の板(素材は不明)にも、古さが漂っていた。

JR美幌駅4
JR美幌駅5

ホームも古さを感じざるを得ない。
線路を前にしたホームのコンクリートにも、古さを感じさせられる。

それから、線路の周りばかりか、間にも雑草がたくさん生えている。
鉄道の運行に支障がないレベルで除草が施されているようには見えるが、いががなものかとも素人目には見えてしまう。

この項を書く際、ちょっと調べたら、線路の間にも雑草が生えてしまっている理由が見えてきてしまった。

農耕地の周りでは、「根絶やし」にするような除草剤は使えない。

経営危機に陥ったJR北海道に除草する作業の費用すら掛けられない

なんて理由だけではなかったらしい。一応、人口2万人ぐらいの町の中心部なので、駅のすぐそばには農耕地はないようだが、少し離れたら田園地帯だ。そんなところで、「根絶やしにするような除草剤」など使えるはずもない。







美幌駅を後にした後、この日の宿である網走へと進んだ。
どーでもいいことかもしれないが、忘却の彼方に行ってしまったことの多さにはただただ呆れる以外にありません。

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

北見市内と気が付かれにくそう。「ひうちない」と打ち間違えがちな無人駅の緋牛内駅

風が吹けば桶屋が儲かる」転じて「ストーンを転がしてなんとかが儲かる」なんて効果も重なって、北見市周辺に「カーリング娘。'18バブル」がやってきてしまった。NHK総合での日韓戦生中継の視聴率は、もしかすると紅白歌合戦を上回って、年間第一位になるかもしれない。「モーニング娘。'18」の姿がなかった、裏番組のミュージックステーションが「消化試合」と化した程度のお話で済まされようはずもない。

とはいえ、年間第一位になるかもしれない要因の一つに、賃金カットをキラキラネーム「プレミアムフライデー」ではぐらかした、お金がないから給料日なのに焼肉屋にも、寿司屋にも、五月嬢がいる藤沢のキャバクラにも立ち寄らず、自宅へそそくさと帰るしかない事でのしわよせ効果もある、都合が悪い現実もある。

テレビ朝日「シルシルミシル」で商品「赤いサイロ」が紹介されても品切れに追い込まれなかったJR北見駅近くの菓子店の商品が、「NHKのツイッター」で注文殺到な事態になってしまった。
まだ路面凍結やスリップによる交通事故の恐怖から、観光客は少ない時期とは思われるが、気温が内地の3月ぐらいに上がるゴールデンウィークには、カーリング効果で「北見」の名前が頭に残った日本国内の観光客が、女満別空港や石北本線やツアーバスなどで殺到するかもしれない。
なお、カーリングの聖地、アドヴィックス常呂カーリングホールの最寄りの街は、「北見」じゃなくて「網走」であることに注意が必要だ。



藤沢五月選手の出身校である北見北斗高校、鈴木夕湖選手の出身校である北見工業大学がある北見市を出て、端野町に入って…と、網走へ向かう国道39号線を書きたいところだが、北見市街が途切れないまま端野町に入ってしまうので区別がつかない。さらに、端野町は行政区的には、平成の市町村合併で「北見市」の一部に変わったため、なおさらだ。

北見市街を抜け、北見駅前から一直線に続いた道が終わりになったころ、やっと市街地が終わる。
そのあたりで、(旧)端野町に入ったような気分になる。

そのまま道なりに進むと、緋牛内市街に近づく。そこは国道から少し入った所となる。
その市街の一角に、JR緋牛内駅がある。JR緋牛内駅へ立ち寄った。

「平昌オリンピックのカーリング」も「網走番外地」も意識が及びにくい、無人駅だった。

JR緋牛内駅1
駅舎の正面写真である。
駅舎の両側にはきれいに花壇で飾られていた。
この駅は、ご多分に漏れず無人駅である。
1988年に今の駅舎になった前から、無人駅だったという事なので、駅舎内は無駄に広いなんてこともなかった。

JR緋牛内駅2
駅構内の写真
本線で、無人駅となったところの構内は、だいたいこんなものとみておくのがいい。



緋牛内郵便局
駅の近くにある、緋牛内郵便局の局舎。
太平洋戦争終戦後の昭和20年代~30年代に建てられた建物なんだろうか。
外から見える形で防犯カメラが取り付けられていたり、「ゆうちょ銀行ATMコーナー」なんて21世紀に入ってから取り付けられたとわかる看板があったりするが、ペンキが半端に剥げている窓枠がいかにも鉄製とわかるものだったり、「緋牛内郵便局」の字体を見ると、築数十年を経過したものと思えてしまう。

この建物のようなたたずまいの郵便局、この回の北海道旅行でよく見かけた。
街中では見た記憶が残っていないが、小集落のようなところではいくつか見た。

時が止まっていたかのように、錯覚させられてしまった。





どこかへの旅行が1週間がかりにもなってしまうと、どうしたって記憶からすっ飛んでしまうものが出てこざるを得なくなる。
緋牛内駅がある一帯は、そこにも行っていたんだ、なんて意識しか残っていない。

そんなことで、ウィキペディア様とかグーグル様に集積された情報を加えたらりしながら、文量を膨らませるのがやっとだ。

どうでもいいことだが、「緋牛内」と文字を表示させるためのワープロ打ちの際、「ひうしない」と叩いた後で変換キーを押さないと出てこないのだが、どうしても「ひうちない」と打ち間違えがちなのは厳しい。こんなことで文量を膨らませるしかないのか。

ムリに文をこさえました感がありありの、緋牛内駅についての項は、ここまでです。

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム