09/02/13の市況

「13日の金曜日」は日本株式市場では起きずに終わった13日金曜日。
しかし、自宅では「13日の金曜日」になってしまった。

インターネット接続に使うモデムの電源ケーブルで、モデム接続部近くのケーブルがとうとう切れてしまい、モデム本体へ電力が供給されなくなってしまった。これまではだましだまし使えていたが、限界に達してしまった形だ。

代わりのものが14日10時に手に入ったので、13日の市況を14日に載せる形にします。

毎日新聞では午前2時50分にネット配信しているので、12日に決定された事なのだろうが、パナソニックではグループの管理職約1万人に自社製品を10万円以上7月までに買えとのお達しが出たのだとか。期間は5ヶ月以上あるので考える時間があるが、10万円でも買うものに困る人が出てくるように思えてならない。不要不急の冷蔵庫、テレビ、洗濯機などを買い求める人が何千人か出ると考えるのが適当だ。

パナソニックが作っていないような電気製品・・・デスクトップパソコン、サーバー、ゲーム機程度しか思い浮かばないぐらいほとんどない。
京大法学部卒の芸人・ロザン宇治原の父親はパナソニック電工の副社長なので、ここで言う「管理職」とくくるには違和感があるが、20万円以上のパナソニック製品を買うことは間違いなさそう。息子もドカンと買わないと大阪の街を歩けなくなるなるだろう。

トヨタ自動車が部長級にトヨタ車購入運動をしたのと同じレベルとするのが妥当な線でしょう。富士通が社長名のメールでグループ全社員にPCとケータイを買って下さいとやってしまったよりは全然マシ。

こうなってくると、ドミノ倒し的に「自社製品を買って下さい」式の需要先食いが出てくる事になってしまう。食品や日用品メーカーでは不況でなくても自社製品を買うのは当たり前なはずなので起こりえないと思うし、医薬品では自社製品が体に合うとは限らないので無理強いはできないが、流通業や最終商品を作るメーカーではこの流れが強まってきそうだ。

パナソニックの件は、水戸黄門の印籠のように広まってしまいそう。

ソニー・シャープなどの家電メーカーは言うに及ばない。日立・東芝・三菱電機・NEC・カシオ・船井など大衆向け商品も扱っているところも同上。富士通はすでに始まっている。業務縮小を発表したばかりのパイオニアでは、「自社製品かシャープ製品を買おう」とやってきそうに思えてしまう。

電機メーカーばっかり並べたが、自動車、化粧品、衣料品、宝飾品などでも似た事になってしまうのでしょう。

きょうの東京株式市場は、前日のニューヨーク株式市場での14時過ぎの上昇によってどっちつかずになった事を反映した形になってしまった。
昨日12日は下げすぎだったから買戻しの動きとなり、でも信用ならないから念のために売っておく流れができた。結局、なんとも言い表しようのない流れになってしまったとするのが適切だと思ってしまいます。

日経平均  7,779.40 △74.04
TOPIX     764.59 △4.30
JASDAQ     42.27 △0.99

ニューヨーク州北西部の都市・バッファロー近郊でボンバルディア機が民家に墜落・炎上し、乗客・乗員48名と地上の1名がなくなったとの報道が出た。先のハドソン川不時着の件では喝采を送ったが、まもなく事故がおきてしまった。

現地の絵図はわからないので、これ以上は書くことを控える形にします。ひるがえって日本はと言うと、1985年8月12日の日航機123便墜落事故を最後に人的被害が起きていないのは幸いと言うしかありません。高知空港での胴体着陸とか、那覇空港での全乗員乗客脱出後に航空機炎上などの事故はあるものの、人災に至るものは起こっていないのはありがたい事と考えるしかないでしょう。

ウィキペディアで見てみたら、その日は月曜日だったとわかった。他にも怖い事実が記されている。
笑っていいともで生存者が引き上げられた映像が生中継されたのは知っていたが、録音だった「中島みゆきのオールナイトニッポン」が放送取りやめになっていたことまでは知らなかった。

そのほか著名人について書かれていたので、抜粋します。

歌手の坂本九(39)、元宝塚歌劇団娘役で女優の北原遥子、21年ぶりのリーグ優勝を目前にした阪神タイガース球団社長の中埜肇(40)、ハウス食品社長の浦上郁夫(41)、大阪大学教授の塚原仲晃、コピーライターで中島らもの師匠でもあった藤島克彦、大相撲の伊勢ヶ濱親方(元大関・清國)の妻子、タレントの吹田明日香の母など、著名人が多く乗り合わせていた。

元・宝塚歌劇団雪組トップスターの女優の麻実れいとタレントの明石家さんまは搭乗する予定だったが、いずれも急遽搭乗便を一本早めたため、また当時フジテレビのアナウンサーだった逸見政孝も夏期休暇で大阪への帰省で搭乗する予定だったが、妻・晴恵の勧めで直前に取り消し、新幹線に変更したことから難を逃れた。当時逸見が司会を務めていた「スーパータイム」は先輩の露木茂が代行を務め、事故発生後のFNN報道特番も露木が担当した。

85年の阪神優勝で思い出すのは、甲子園球場でのバース・掛布・岡田のバックスクリーン3連発(85/04/17)。その伝説的ホームランの競演の4ヶ月後に日航機の事故。85年の日本シリーズ第二戦の日は、「シンボリルドルフが天皇賞・秋で負けてしまった」日だなんてサイドストーリーまで思い出してしまった。85年の優勝の際、「今世紀最後の優勝」と言われてしまったが、それは現実になってしまった。いろいろ頭に浮かんできます。

不幸は誰にでも起こりうるものだが、とりあえず今は何とかなっている。その状況に感謝しつつ、今日のカキコを終わりとします。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム