★★975・6日の寄り

昨日は、内定切りで名前が広まってしまった日本綜合地所が会社再生法申請、藤和不動産が三菱地所に救済処置を受けるなど、また企業破綻の流れがまた明らかになってしまった。最近の企業破たん処理の流れは、「民事再生法→会社更生法、破産、解散など」になることが多いが、日本綜合地所はいきなり「会社更生法」。最近の破たん処理の流れとしては、他社より重たい。重篤な事態であることがあらわになってしまっています。

また、藤和不動産の救済処置は、以下の2本立て。

  1. 自己資本確保のため、三菱地所に第三者割当増資を行う
  2. 4月30日付で1:0.042の比率で株式交換が行われ、三菱地所の完全子会社になる(5日の終値は三菱1241、藤和53なので、ほぼ交換比率に等しい)

直近の類似例ではNECトーキンがある。ただし、こちらは株式交換比率は未定。
昨日の終値ではNECは253円、トーキンは146円なので1:0.6ぐらいになってしまうのだが、これから決定される比率はもっとトーキンに不利になるものと思われます。

昨日のニューヨーク株式市場は、寄り付きこそ安かったものの、11時ごろにプラスに転じるとそのままの勢いが終日続き、プラス引けで終わっている。細かくは各種解説サイトなどをご覧下さい。

きょうは、新聞記事について改めて言ってられない感じになってしまったので、コピペだけにしておきます。ヤマダ電機がストップ安気配とか…これでやめておきます。

東京発行朝刊トップニュース
▽産経新聞
 「責任」求め公開書簡 四川大地震倒壊小学校父母ら
▽東京新聞
 「ラフレ」15億6000万円 かんぽの宿簿価判明
▽朝日新聞
 かんぽの宿売却白紙 日本郵政、個別譲渡も検討
▽毎日新聞
 隣接国に情報拠点 ソマリア沖海賊対策
▽読売新聞
 首相、郵政見直し言及 「4社体制効率的か」
▽日本経済新聞
 韓国ビール2位買収検討 アサヒ、ロッテと共同

日本経済新聞(6日朝刊)
◇アサヒ、韓国ビール2位の買収検討 ロッテと共同
◇欧州中銀、3月に利下げ検討 英は0.5%下げ実施、初の1%に
◇首相「見直すべき」、郵政4分社体制で表明 衆院予算委
◇日航、260億円赤字 4-12月経常損益 ビジネス旅客が急減
◇オリエンタルランド、純利益最高に 「ディズニーリゾート」入場者最多
◇三菱UFJも最終赤字 4-12月、500億円前後 株損失処理膨らむ
◇かんぽの宿、全70施設の簿価判明 最高15億円・最低500万円
◇日本綜合地所、更生手続き 負債総額2142億円
◇全日空、賃金1割下げ 09年度、全社員3万人
◇L&G詐欺 会長名義の21口座で集金 423億円返還されず

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム