★★961・09/01/29の市況

北海道の名門百貨店・丸井今井が民事再生法申請

最近の経済状況ではどこが破綻しても驚けないのだが、とうとうこのレベルのところにまで至ってしまったのかと、驚きを禁じえない。そごう破綻やダイエー解体のときは、「天皇/創業者」の拡大主義の破綻と片付けられたが、この破綻は百貨店業界そのものの構造問題と考えるしかなさそうです。
「都市間競争」と「都市内競争」の2つでの敗北が、消費不況で追い討ちを掛けたとするしかありません。

都市間競争」の意味では、旭川が札幌に破れたというお話。名古屋駅の高島屋のために、岐阜の高島屋が苦しくなったり、小樽が札幌にどんどん取り込まれていくのと似たようなものとお考え下さい。なお函館は、旭川ほど都市間競争にさらされていないので無視して構わないはずです。室蘭は都市間競争云々以前に、都市衰退の方が問題なのでちょっと違う。

都市内競争」の意味では、札幌駅ビルの大丸に、大通公園隣の丸井今井が客を取られた形に。京都駅にある伊勢丹が駅前の近鉄百貨店にとどめを指してしまったり、ヨドバシカメラが秋葉原に進出したあおりで苦境に陥った家電販売店が続出したのと似ている。ススキノのロビンソン百貨店跡地がイトーヨーカ堂に変わるのも、横浜松坂屋がピーコックに変わるのもこんな流れです。

今日の東京株式市場は、FOMCのゼロ金利継続で上げた流れをそのまま引きづいたとするのが主たる流れ。
しかし、個別で見ると意外と寄り天や朝高後ダレたものが多い感じに。

昨日発表された4-12月期決算で黒字を維持した形の三井住友FGは、寄り付きに25分以上も要する形になったこともあって、このことは当てはまらなかったが、三菱UFJとみずほはほぼ寄り天。野村に至っては、35円高で寄った後すぐに41円高までつけたもののその後はほぼ一直線に下げ続けてマイナスで引けている。
トヨタ・ホンダ・日産・新日鐵・住友化学・東レ・ドコモなどは寄り付き後が一番高く、その後はダレる展開。キヤノンは前場は値段を保ったものの後場ダレた。

結局、FOMCの決定で高く寄った後は、売り買い交錯で推移したとするのが、今日の大局となるのでしょう。売りたい人が多い事もみえてしまいました。

日経平均  8,251.24 △144.95
TOPIX     804.33 △14.14
JASDAQ     43.88 ▼0.55

しかし、今日の電力株の動きはなんだったんだ・・・後場に押し並べて強かったのは、銘柄ごとの分足をみればわかったが、全11社とも引け高に終わっている。何がやりたいんだか。借金(銀行借入金や社債によりもの)の王様である電力が、FOMCのゼロ金利継続の波及効果で有利に働くのはわかるが、それならば朝から高くないといけない。

2ちゃんねるに、四国電力の今期上方修正(13時30分に開示されている)のことが書かれていた。気になって、電力各社の分足を見たり、他社の決算開示状況を調べてみたら、合点にいかないことがゴロゴロ現れてしまった。

  • 四国電力は13時30分の決算開示をきっかけに上げた。しかし他の10社は14時過ぎに爆上げを始めている
  • 中国電力は上方修正の決算を昨日の大引け後に発表されていたが、それに反応する動きはどこにも見られなかった

「四国電力の上方修正をきっかけに」であれば、昨日15時に発表された中国電力の上方修正はなんだってことになってしまう。

ついでに言えば、大阪ガス・東邦ガス似た感じになっていたり、NTTドコモやJR東日本・JR西日本が大引けでワープする形になっていたり。

今日は年金資金が投入されるような、日経平均8000円割れの翌日でもないので、この買われ方はなんなんだい・・・と言いたい所だが、合点に行かな過ぎます。

まさかとは思うが、公的年金がここにぶち込まれたとでもしないと、説明がつきません(怒)。

ここまでが今日の相場についてでした。
12月度の四半期決算が続々出てくる時期なので、このことに触れない訳には行かないので、書いておく形にします。

野村が4-12月期で5000億円の赤字であるとか、同じく大和が500億円の赤字であるとか・・・トヨタ、日産、パナソニックも。とにかく巨額赤字の報道が相次ぐ形になっている。純然たる業績悪化に、保有株式の評価損が加わる形だ。

今日は、東芝が今期2800億円の赤字を見込む事を筆頭に、NECエレクトロニクスが今期650億円赤字などネガティブな報道が並んでしまっている。

先週から「帰休」の件でヒットさせる事が多かった東芝は、今日の決算発表に合わせて「体質改革プログラム」も発表しているので、東芝のHPからプレゼン資料を参照してみる形にしました。

ここでは、ネガティブな事項の改善と、原発・電池などの成長戦略について触れられています。成長戦略については大きく取り上げるまでもないので、東芝に限らず社会問題と化してしまっている雇用状況についてのみ、箇条書きにします。

  • 正規従業員は雇用を維持
  • 半導体・液晶事業ではワークシェアリングを実施
    ~残業削減、帰休の実施。他の事業ではやらない模様
  • 半導体では四日市(三重県)北上(岩手県)の新棟建設延期と、一部製品の生産移管を実施
  • 液晶では魚津(富山県)深谷(埼玉県)の不採算製造ラインの縮小・停止

収益改善に向けた体質改善プログラム
http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/library/pr/pdf/tpr20090129.pdf

ここから、帰休の対象者がどこの人かは明らかになったが、それをどのように行うかはさっぱり見えてこない。対象製品の製造ラインの性格から、何日かまとめて操業停止にするというのが落としどころとなるでしょう。

「正規従業員は雇用を維持」ってやつが曲者って感じ。雇用は維持するが…新横浜の話を思い出してしまった。あの一帯は負のエネルギーを感じるので、どうも好きになれない。高島屋ができてからは、新幹線の車窓から街の光景が見えなくなったことだけは幸いです。



連日東芝ネタを書く形になってしまった、29日のカキコを終わりとします。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム