三重県で列車1両が無人で8.5kmも走る

三重県のJR名松線で、無人列車1両が8.5kmも勝手に走ってしまう事故が。
怖い事故だが、過去にも似たことがあったのだとか。
「車止めのし忘れ」は問題に違いないが、駅の構造そのものに問題はないのだろうか…

できれば改修してほしいと、JR東海に対して思ってしまった事故でした。





列車が無人で3駅走行、夜の三重・JR名松線
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090420-00000179-yom-soci
4月20日2時6分配信 読売新聞

19日午後10時15分頃、津市白山町のJR名松線家城(いえき)駅で、「運転台を離れているうちに列車1両が無人のまま走り出した」と運転士からJR東海に通報があった。

同社で調べたところ、午後10時40分頃、約8.5キロ離れた津市一志町の第4初瀬街道踏切付近で車両が止まっているのが見つかった。

同社によると、列車は午後8時15分頃、伊勢奥津駅に到着し、家城駅で入れ替え作業をしていた。車両ブレーキが不十分だったとみられ、運転士が離れた間に、下り坂を自然に走り出したらしい。停止するまでに三つの駅を通過していたとみられる。

同線では、2006年8月にも、家城駅で運転士が車止めを置き忘れたため、無人の列車1両が自然に動き出し、津市一志町まで約8.5キロ走行するトラブルがあった。県警津南署は、この運転士を業務上過失往来危険容疑で津地検に書類送検している。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道関連のニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

怖いですね・・・

プラチナヒルズさん初めまして。ブログランキングから来ました。

何とも怖い事故ですね・・・(^_^;
そして過去にもあったとは・・・本格的に対策して欲しいものです。

Re: 怖いですね・・・

> プラチナヒルズさん初めまして。ブログランキングから来ました。
>
> 何とも怖い事故ですね・・・(^_^;
> そして過去にもあったとは・・・本格的に対策して欲しいものです。

コメントありがとうございます。
車止めを忘れて勝手に動き出す車輛…実は他人事ではないんですよね。
1月29日にあった事故の例が分かり易いと思います。

東武東上線踏切前に停めていた軽自動車が、サイドブレーキを掛けていなかったために、クリープ現象で勝手に前進してしまい、線路内に入り込んでやってきた電車にドスン。

クルマを運転する面々も気を付けないと…と思うわけです。
アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム