伊勢神宮の次に存在意義が分かり易い。JR東海伊勢車両区

春先に行った三重県伊勢の事を、猛暑日になってしまった7月に書くのもどうかと思うが、やっと書ける順番が。
伊勢市を象徴するのは何と言っても伊勢神宮だが、その門前になるべきものがよくわからない。

日本プロ野球史上最初のエース・沢村栄治

アテネオリンピック女子マラソン金メダリスト・野口みずき

みたいに、誰も文句が言えない「ズバリ」が門前にはない。

そもそも、伊勢神宮に内宮と外宮があることを知らない時点で勘違いしてしまう。
大晦日に、安産のお守りを外宮で買っていったことがあったが、その時は外宮だけで満足してしまった情けなさ…


外宮(豊受大神宮)

外宮の門前にあるJR参宮線伊勢市駅が中心ですか?

と思っても不思議ではない。
JRと近鉄の駅があるのは、伊勢市しかない。

観光客向けと思しき旅館やホテルが点在している。

伊勢海老、松坂牛などお高めのお食事から、骨抜きさんま、伊勢うどんまで、観光客を狙った店も点在する。

松坂牛肉まんとか、赤福を売る店もある。何にも知らないと、これだけで満足してしまいそうだ。

夜が早いのが玉にキズだが…

実際には外宮より内宮なのだが、町の離れに位置する格好なので、内宮の門前に鉄道の駅がない。分かりにくい。

ちょっと離れるが、ハート石が取り付けらた地下道先にある、おかげ参道ですか?

乗客数に比例しないご立派過ぎる近鉄・宇治山田駅ですか?

わかりにくい。

そもそも、ビジネス客は滅多に表れず、観光客はどっと観光バスでやってきてしまうので、どーでもいいかもしれない。

地下道のハート石を主役にするのは無茶だ。

JR伊勢市駅に快速はやってきても、急行・特急の運行はない。
駅前にあった大型スーパーは、郊外型ショッピングセンターに取って代わられて潰れ、取り壊された後だ。

鉄道での代表駅は明らかに宇治山田駅なのだが、「伊勢」を名乗らない理由はかなりまどろっこしい。

高度成長期の国鉄スワローズ×近鉄パールズ「プロ野球オープン戦」のような、体感的に何の事かわからない世界がくり広げられている。

例外的に、わかりやすい伊勢車両区を取り上げます。





いきなり、東海旅客鉄道株式会社 伊勢車両区の看板を見つけた。
この周囲を見回すと、線路がやたらと走っていたばかりか、かつて線路があったと思われるところは駐車場として使われていた。
これでも、車両区は縮小したんですねぇ…



なんだ、この機関車トーマスみたいな「働く車」は?



反対から見たら、なんとなくイメージが湧いてきた。おそらくバラス(敷石)を乗せ、線路傍に持っていくための車両だ。




正面入口の左手には、ひっそりと巨大な回転台らしきものがあった。
おそらく、気動車をこの台まで動かした後、180度回して方向変換させる装置と思われ。



運行を待つ客車が多数停車していた。
ちなみに、全てディーゼル車両だ。

三重県下のディーゼル車両は、伊勢車両区で管理することになっている。
紀勢線の気動車も、ここにやってくる。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム