06日の状況

タモリ、ビートたけし、明石家さんま。
フジテレビがかつて、年始にやっていた「タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチ」(1988-1999)のおかげで、日本ではビッグ3がこの3人のことを指す事が多い。

日本のビッグ3の語源になったのは、アメリカの大手自動車3社であることは想像に難くない。そのビッグ3は現在の経済危機状態で経営危機に陥ってしまっている。GMはスズキ株を、フォードはマツダ株を手放して資金繰りをやったが、どこまで埋蔵金が隠されていることやら。テレビ東京のモーニングサテライトでは、「デトロイト3」と呼ぶに至ってしまった。なんだかなぁ。

ホンダがF1撤退→「次世代環境車やエンジン開発に投入する」ってことだが、聞こえのいい「エコ」のもとで、「ガソリン消費が少ない→利用コストの低減」じゃなきゃ売れないということ。車に夢がなくなりつつあることの象徴としてとらえるしかなさそう。

自動車会社のコピーを並べてみる。

  • トヨタ自動車
    Drive Your Dreams
  • ホンダ
    The Power of Dreams
  • 日産自動車
    Shift
  • 三菱自動車
    Heart Beat Motors(経営危機以前)→Drive @ Earth 

日産のShiftは、シフトレバーのシフトと、経営危機からのシフトを掛けているはずなので変わらないと思う。トヨタやホンダは夢をコピーにしているが、省資源とか省マネーに向かわざるを得ないのを見ていると「Dream」がどんどん遠くなっているのを感じてしまう。
三菱自動車に至っては「わくわくするクルマ」→「地球を走る」と楽しさを訴えなくなってしまっている。
つまらんなぁ。

テレビ東京のワールドビジネスサテライト(WBS)では、トヨタ・ホンダ・BMWが広告を打っている。ここでは視聴者層の関係(主にビジネスマン。男性率高し)からお高めの車を宣伝することが多いのだが、ホンダは禁を破ってしまっている。10月にはフルモデルチェンジしたばかりのオデッセイのCMを打っていたのに、いまでは軽自動車のライフですよ。ライフもフルモデルチェンジしたばかりなので、スポットが打たれても不思議さはないとはいえ、WBSの視聴者は軽自動車にそれほど興味がないはず。400万円もしてしまうオデッセイは必需品としては高すぎ。不景気がコマーシャル内容にも及んでいる現われということに。
つらいなぁ。

05日のニューヨーク株式は・・・ダウもナスダックも上昇した事実はあるが、その事実はウソとしか言えない。前半3時間は「雇用統計の悪い結果を受けて下げた」と率直に解釈できるが、後半3時間は「買戻しの動きが広まった」・・・って言っても「買戻し」だけで3時間で5%(前日比-2%→+3%)も上げるか? やっぱりインチキというか、株価操作の臭いがしてしまいますよ。

景気がどうだから株の売買をしよう、ってところはどっかに行ってしまっている。株価操作がどうなるだろうから株の売買をしよう、ってところに化してしまっている。

アメリカではその力が何者かは知らないが、日本では老後資金を食いつぶす年金買いが該当するのよね。

ダウ・ナスダックの1日の流れをみて、怒りと絶望を感じつつ、終わりとします。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム