「テクノさかき」のつもりで行くなかれ、しなの鉄道・坂城駅

軽井沢、小諸、上田と、長野新幹線開業と引き換えに第三セクターになった、しなの鉄道の駅を点々と追い掛けてきた8/18だった。テクノさかき駅の駅舎だけは異彩を放っていたが、駅ができた理由を考えればそうそう違和感はない。もっとも、ローマ字「TEKUNO」表記には呆れてしまいましたけど。

まだ気力が残っていたので、テクノさかき駅から坂城駅へ移動した。
坂城町内だし、テクノさかきの駅舎のこともあったので、どんなもんじゃろ??? と思いながら行ってみた次第だ。







正面から。さすがにテクノさかき駅みたいなことはなかった。
国鉄・信越本線の時代からある駅ですから。

でも、パッと見と駅舎の中身が、全然違うと気づかされてしまった。

レトロ風の駅舎にしているが、全然レトロじゃない。
やたら小奇麗ではないか。
屋根はトタン屋根だが、安っぽい雰囲気は皆無。レトロっぽいパネルを張り付けているが、駅舎の構造はしっかりしていそう。坂城町がカネを掛けていると分からされてしまった。



駅前の、町の観光案内所の前から。

ここで撮ろうか…なんて最初は考えもしなかったが、手がビミョーに汗ばんでしまったのでトイレでも借りようと、観光案内所に行ったのでそこから。

観光案内所の中にはあいにく誰もいなくて、どうしようと思ったら、ホースを持って水撒きでもしようかとするおばさんが現れたので、そこから出される水で手を洗わせてもらった。

この際、「TEKUNO」はみっともないということを、「THE ALFEE」は「(ジ・アルフィーであって)ザ・アルフィーではない」ことを引き合いに、おばさんに話した次第。どうも、町役場の人と話す機会もあるらしく、「町役場の人に話してみるわ」みたいなことを言われた。

ネイティヴか、それなりの大学に行った様な人なら「TEKUNO、プッ」となってしまうが、そうじゃない人には「アルファベット表記だよね」でおしまい。そんなもんです、現実は。

そうでもなければ、開業してから10年以上たっても「TEKUNO」のままで放置されるわけないんですもの。

結局、坂城駅そのものより、「TEKUNO」の一件をひきづってしまったかたちでした。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム