★★773・08/11/21の市況

後場の寄付きから13時30分までの盛り上がりは何だ?
アメリカでのシティグループ再編報道を受けてのものらしいが、最近の癖で「また年金か?」と勘ぐりたくなってしまう。オオカミ少年に翻弄されるのはいやだ。
もっと激しいのは、14時前にいったんマイナスに転じた後のぶり返し方。
同じ時間帯のソウル・香港・ムンバイが大幅高だったことから、東京もシティG報道に乗せられて高くなった感じだ。

東京株式市場は、前場はアメリカの棒下げを受けて下がった(NK225:7532.11▼170.93)が、お昼休み中に出たシティグループ再編の報道を受けて買戻しの動きが鮮明になり、後場は高くなったというところ。大引け前に日経は8000目前の7994.68、TOPIXは806.30まで高くなったが、さすがに三連休前だけあって、大引けに掛けては手仕舞い売りが優勢で上げ幅を縮めて終わったというところだった。

日経平均  7,910.79 △207.75
TOPIX     802.69 △20.41
JASDAQ     44.37 ▼0.29

  • JASDAQはマイナスで引けているが、後場に限れば急速に買い戻される流れになっています。

今日の流れは、「最近の下げ基調の逆を行った」と言うのが適切だったはずだったのだが、後場の大幅高の動きを受けて、「下げ基調の銘柄は大幅高」「上げ・持合基調の銘柄は小幅高」の傾向に変わってしまった。

今日の動きを典型的に示すものは、上げではメガバンや不動産株を示せばいい。下げでは、JR3社と電力を示すはずだったが、JR東西しか示せなくなってしまった。

三菱UFJ(492△12)三井住友(305千△235百)みずほ(2269百△277百)
三井不動産(1191△121)三菱地所(1163△86)住友不動産(1154△113)
東京建物(260△24)東急不動産(219△19)
JR東日本(725千▼21千)JR西日本(421千▼16千)

まだ公的年金の予算消化は完了しているとは思えないのだが、今日のところはシティグループの再編報道を受けてアジア同時高の動きとなっているため、うやむやになってしまいました。昨日の損保ジャパンショックを受けて、損保株の下げはさすがにきょうもキツいが、それでも後場の猛烈な買いの流れの中では下げ幅を縮める流れとなったことはメモに残しておく必要がありそうです。

損保3社は朝からストップ安をつけていたが、損保ジャパンは14:30以降、三井住友・東京海上は14:10以降に全体の流れに従って下げ幅を縮め、以下の終値で引ける形となっています。
損保ジャパン(513▼66)三井住友海上(1956▼79)東京海上(2015▼205)

なお、ストップ安の値幅は、損保ジャパンは100円、三井住友・東京海上は400円でした。

この件でのカキコはここまでとします。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081121-00000044-yom-bus_all

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム