「町」の中心駅だが、その面影いまいずこ…愛別駅その1

2017年9月11日、旭川でレンタカーを借りてから北見へと向かう、北海道東の旅程を取った。
ほぼ国道39号線を行く形で。

実際には、JR函館本線最北の無人駅・近文駅に寄ってから39号に向かうルートを取った。
その道すがら、石北本線の駅が近くにあったら、立ち寄っていこうなんてノリで移動していた。
カーナビの助けがあるので、駅を探すのも、目的地にするのもそんなに難しくない。

愛別町市街の外れにある、JR石北線愛別駅に向かってみた。
昔は使われていたものが、ふたをされ、裏返しにされ…子供が巣立ち、伴侶が旅立った後の高齢者住宅に通じるものを感じてしまった。



JR愛別駅1
まずは駅舎の前景から。
このときは、ガランと広い駅前スペースに、工事業者の車がちらほら止まっていた状態だった。

なお、この写真を「駅」と言わずに見せたら、農協(JA)のようなものと思う人が続出する気がする。
JR愛別駅2
ドアを開け、駅舎の中へ入ってみた。
列車がやってくる直前でも、やってきた直後でもなかったので、誰も人はいなかった。

無人駅である。
もう使われない、改札が残されていた。
「ホームへの入場案内」「切符の手売り」などをする駅員のブースに前に板が打ち付けられたとしか思えない形跡まである。

列車がやってくる前に、ドアを開けてホームへ行ってくれなんて形になっている。



JR愛別駅3
かつては、列車の待合室としてちゃんと機能していたような待合室である。

でも、どこか遠地へ向かう手段が自動車の普及で、鉄道を使う必要性が減ってしまったので、これでも過剰施設になってしまう。
壊れるまでこのままにしておけばいいって感じが、プラスチック製のベンチに感じられる。

それから、バックライトに照らされる旭川市内にある病院の広告が悲しい

病院しかないって…とも思わないでもないが、6つあるパネルのうち2つは撤退後で真っ白、残り4つは病院。4つの病院のうち3つは裏返しになって「広告していない」ことになっている。
広告の字体は、いかにも昭和のもの。

【表向き】
内科・胃腸科はらだ病院
【裏返し】
整形外科進藤病院
池田眼科
奈良眼科

あれから30年…まるで綾小路きみまろの決まり文句のようになってしまう。
広告版に残った4つの病院について、検索してみたらなんということでしょう。
全て、電話番号の変更もなく現存している。

うまく書けないが、悲しいものを感じさせられるのだった。

最低限の補修はしているが、そこまで。どうにもならないが、悲しい

その2に続きます。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム