ダベリ場、Gメン75…「駅」を決して歌う気になれない新潟駅

上越新幹線に乗って新潟駅に着いた。
終着駅である。

だが、「哀愁の」「郷愁の」…ステレオタイプのイメージなど感じられなかった。

淡々と、家路を急ぐ人の波が、階段を下り、改札口を出る。そんな感じだった。

落ち葉の舞い散る 停車場は
悲しい女の吹きだまり
(奥村チヨ「終着駅」'71)

こんなイメージなどあるはずもなかった。この日は、異常な残暑が続く最中の2012年9月9日だった。落ち葉の実感もなければ、「停車場」の寂しい印象もなし。

見覚えのあぁある レインコート
黄昏の駅で 胸が震えた
(「駅」中森明菜'86、竹内まりや'87)

的外れだった。雨も降っていなければ、たそがれた気配もなかった。

高架ホームから改札口がある階への階段を下り、改札口を出た。
自動改札だった。蛍光灯かLEDかはわかりかねるが、普通に照明が照らされていた。
待つ人の気配…単独行動の自分にあるはずもないが、他の人を待つ人もなかった。

改札口で君のこと
いつも待ったものでした
(野口五郎「私鉄沿線」'75)

いくら東日本旅客鉄道株式会社の駅だからって、「私鉄」として扱われないのだから不適切だぞ!

改札口を出て、まず南口へ。
一晩明けて出直し。この時の写真になります。






新潟駅南口の夜(12/09/09)

改札口を出て、とりあえず南口に出てみた。
上越新幹線開業に向け、必死に区画整理やらをやったのがわかる形だった。

エスカレーターからロータリーを見たら、高校生らしき男女が思い思いに集まっているのを見つけた。「ダベリ場」とタイトルに記したのは、ここでの光景から。
大学生の気配がないのは、徒歩圏内に大学がないから。新潟大学の本部は数キロ西に行かなければ無いし、医学部ですら約1.5km離れている。

頭の固いPTAは「ケシカラン」とやってきそうだが、別に気にする必要もない雰囲気だった。平和な夜だ。ヤンキーのにーちゃんもいなければ、下半身だけ全方位外交のねーちゃんも見当たらない。

翌朝もこの辺りに行っているのであるが、その時間なりの人が思い思いの時間を過ごすだけで、わざわざ取り上げるようなものでもない。

街の公園のベンチのような光景が、ロータリーであった。

駅を使う人以外足を伸ばしにくい新大阪駅や新横浜駅のようなところは無視するとしても、東京駅や名古屋駅では、絶対ありえない光景といい切れてしまう。

駅利用者の性質が違うのもあるが、決定的な違いは「ホームレスの存在」である。東京・名古屋・大阪では、ホームレスの存在は珍しくも何ともなくなってしまったが、新潟ではそれらしい人を見かけることはなかった。

萬代橋周辺の信濃川岸にも気配はなかった。

そんなことが、ロータリーに人が集まっていられることにつながっていると思われ…

◇◇◇◇◇◇

左手にビックカメラがあった。ありがちだ…
新潟県のほぼ全域+山形県庄内地方の200万人経済圏に出店のイメージ…鹿児島中央駅を連想してしまった。もっとも、ビックカメラについては中に入っていないのでそれまで。駅の印象が残るかどうかについては、どうしても鹿児島中央駅の方に軍配を上げざるを得ない。


鹿児島中央駅東口(11/02/15)

鹿児島中央駅西口(11/02/15)

鹿児島中央駅の写真は、あくまでビックカメラの参考用です。


新潟駅北口(12/09/10)

新潟駅北口については、南口ほど書くことはない。古くからある、地方都市の拠点駅の風情があるとするだけで終わってしまう。
駅前ロータリーに銅像…ありがちだ。


新潟駅南口(12/09/10)

10日朝、9日夜に続いて新潟駅南口へ。
9日はロータリーだけで止めたが、10日はレンタカーの営業所へ向かうため、南口から遠くに向かう形となり、遠景も写せる形となった。

駅に向かうやたらと広い道が整備されている。道幅は50mぐらいでしょうか…
正面に超横長の駅舎が連なり、中央分離帯や道路標識もあるので厳密には違うが、どこか「丹波哲郎」を中心に歩いてくるGメン'75のオープニングを彷彿とさせられたのだった。

駅そのものについて書いているというより、歌やテレビのことばかりが頭に浮かんでしまった、新潟駅でした。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム