「くもじいじゃ」と言いたくなる、JR東海名古屋車両区の写真

名古屋市中村区にどどんと広がっている、名古屋車両区がある。
名古屋駅の南側を歩いていた2011年12月27日の午後4時ごろ、近くに差し掛かり、車両区を横切るように設置されている、歩行者専用橋を渡った。

その際の写真を、1年経って庫出しの形に…長かった。

この場所を説明するためのランドマーク…残念ながらありません。従って、近鉄名古屋線の米野駅と黄金駅の間としか書けないのが辛いところです。





何の変哲もない線路と、それをまたぐ陸橋の絵図である。
この写真から、ここが鉄道車両基地であることを連想するのは難しい。

名古屋高速5号・万場線の南側、黄金出入口のそばにある中川区側から写真の橋を渡り、向こう側の中村区に行った。

写っている橋は、一方通行ならば自動車が渡れる幅が確保されているが、南側・中川区側の道路構成からか、自動車の往来ができないようになっており、人道橋となっている。



人道橋の上で東側(名駅側)を写した。タンクローリー貨物列車が名古屋駅方向へ走っていた。



名古屋高速側(南側)にはジュラルミン車両が停められていた。
いずれもディーゼル車両だ。

この車両区では「電車」は管理しない。亀山以遠の紀勢本線、伊勢鉄道経由の参宮線を走る鉄道を管理していると考えられる。並行する関西本線の名古屋=亀山間を走る電化車両は、春日井市・中央本線沿いの神領車両区で管理している。
ややこしい。

写真を縮小しているので、行き先ボードは見えないのであるが、元の写真でははっきり見て取れる。「武豊」と読み取れた。

「武豊」今では騎手の氏名扱いとなってしまった感があるが、ボードにあるのは地名だ。
武豊行きのJR武豊線・終点と言うこと。

そのうち車両区を出て名古屋駅に向かい、「名古屋発武豊行」で運行されたのだろう。
電化区間の名古屋→大府間で、架線の下をディーゼル車両が走るのか…まるでローカル線みたい。

武豊線は2015年を目標に全線電化となる予定なので、ここで「武豊」表示の車両を見るのはそれまでとなるはずです。



人道橋上から西側(置き換える地名や施設がわからない)を写したもの。
夕方の西日で逆光が厳しい。

車両区は続いているので、気動車を外された車両が停められていたり…
そのあたりは、年末だからといって変わりないはず。いつもの操車場の光景が広がっていた。

操車場を上から見たので「くもじいじゃ」という事です。



人道橋の途中、高速道路の高架真下から。遠くにセントラルタワーズの白いビルが、トヨタ様のミッドランドスクエアが、トグロをまいている専門学校HAL名古屋が写っている。

約1km南西の現地とは大違いな、そぐわない構造物が…
やがて大名古屋ビルヂング、JPタワー、セントラルタワーズVol3が増える。
ここは東京・西新宿か丸の内か、大阪・梅田か…区別がつかなくなってしまう。



現地では意識しなかったが、トヨタ様とHALの間には、かすかに雪化粧した山並みが写っている。
地図で確認した限りなので、正しくは分かりかねるが、木曽御嶽山・北アルプス方面である。



名古屋車両区に並行して北側には近鉄名古屋線が走っている。近鉄5200系車両になるようだ。
こちらは電化されている。
写した所は陸橋の終端近く。

近鉄については、記事を別途設けて記すこととします。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム