FC2ブログ

旭川駅との落差が露わすぎる無人駅、JR函館本線・近文駅(その1)

2017年9月11日10時過ぎ、日本最北のターミナル駅・JR旭川駅の隣にあたる、JR函館本線近文駅へ行った。
お約束のように写真を撮った。

無人駅だった。

それなりに駅舎は綺麗にされていたが、いかにも自家用車やトラックに客を奪われた後、みたいな雰囲気を醸し出していた。

旭川のような、人口数十万程度の都市圏では、鉄道が引かれていても、下駄ばき代わりに使えるほど鉄道の本数がない。
だから、通勤客はダイヤに勤務時間を縛られないよう、マイカー通勤に移ってしまう。
お買い物もマイカーで…近くのイオンモール旭川西がその現実を投影する皮肉さまである。

この駅も御多分に漏れず、高校通学客が利用客の中心になってしまっていそうに思える。



没個性だが、整備はちゃんとされているJR旭川駅である。
都市計画に従って…とよそと代り映えしない施設の中心になんて感じなのが残念過ぎる。

倉敷では「アリオに行けば」、鹿児島では「アミュプラザに行けば」とジモティに勧められるのに似た、「イオンモールに行けば」とされてしまいそうな駅とSCのセット、苦笑してしまう。
JR旭川駅北口1

JR旭川駅は、国鉄当時に設定された「幹線」の最北端でもある。
函館から旭川までの函館本線が「幹線」なので、旭川駅も「幹線」となる。

函館本線の終点1つ前、近文駅も必然的に「幹線」。

ただ、旭川程度の都市圏では、鉄道に関する施設整備は「中心駅」ばかりになりがちだったりする。
JR近文駅駅舎1
JR近文駅ホーム待合室1
JR近文駅駅舎2
近文駅駅舎は、正面から見ても、その反対側(ホーム側)から見ても、それなりに金をかけて、ボロくならないよう建て替えられているのであるが、ホーム上にある待合室はいかにもな時代物とわかる。

ホーム待合室の木造建屋、築50年は優に経過していそうだ。
(その2)に続きます。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム