★★718・08/11/07の市況 その1

トヨタショックが吹きさらす11/07の東京株式市場。
トヨタは前場ストップ安売り気配のまま(3310円)推移したが、後場の寄り付きで値段が付いた(3330円)。そのほか、ホンダやキヤノンもストップ安近くで寄り付く状況だった。
名古屋駅前のビル風などと呑気なことは言ってられず、北海道士別の試験場の真冬の寒さとでも言っておいたほうがよさそうな事態に陥ってしまった。

コンビニの新聞棚にあった、一般紙の一面トップにはトヨタ減益のニュースが飾られていた。
日経、中日新聞東京版の東京新聞では当然だろうが、読売、毎日のトップもこの件だった。なお、朝日、産経は売り切れなのか並んでなかったので不明です。

日経平均  8,583.00 ▼316.14
TOPIX     875.84 ▼33.46

【前場】
トヨタショックの直撃を受けたところ。トヨタ自動車は結局商いが成立しなかった。またデンソー、アイシン精機、豊田織機、豊田通商などのトヨタ系企業もストップ安、またはストップ安に近く下げる事態が発生する事態に陥った。ホンダや日産の自動車他社、キヤノンやソニーなどの輸出系、3メガバンクや野村・大和なんかもドーンと下げる事態に見舞われる結果になった。

とはいっても、PKOというか、株式を買わざるを得ない資金が内需ディフェンシブに流れていることはすぐに理解できた。

典型的なのが中部電力。40円高の2600円で寄り付いたのを見て「???」と思ったが、愛知県民の株主が多そうなデンソー、アイシン精機、豊田織機などのトヨタ系企業株の資金が、内需ディフェンシブに位置づけられる中部電力に流れたものと考えれば理解できるものだった。東邦ガスについては中部電力ほどの傾向は見られないものの、資金流入があったように見ることができた。

【後場】
後場開始の12時半から13時40分ぐらいまではひたすら下げ幅を縮める展開。3メガG、野村HD、電力株、KDDI、ドコモ、シャープ、東レ、フジメディアHDなどプラスに転じる銘柄も散見される状況が見られた。
しかし、粘っこいというには異質で、明らかな買い支えが入っているような気配を感じる。積極的には上げないが、板の上の値段の売りが消えるのを見計らって買いを入れるとか、ある水準を割らないように買いを充当するとか、とにかく株価を下げないための買いを入れまくっていたのが手を取るようにわかった。
「株価を下げない」のが目的の買いは公的年金以外にいるはずがない。
前場終了時点より小幅に戻して終わったが、後場の動きは指数のPKO色が濃すぎた感じで、著しく気持ち悪い流れに推移したとしかいえない。

今日はとにかくトヨタさまに終始する一日でした。
しかし、本体のトヨタ自動車より、自動車組み立てだけのイメージが濃い関東自動車工業の下げ率が高いのは納得できるが、産業機械の要素もある豊田自動織機の下げ率が高いのには納得がいかない。

【トヨタ系企業の株価】
トヨタ自動車(3460▼350)デンソー(1756▼309)アイシン精機(1575▼206)
豊田自動織機(2070▼295)ダイハツ工業(834△12)富士重工業(308▼26)
トヨタ車体(1445▼136)関東自動車工業(1089▼161)
トヨタ紡織(817▼100)東海理化(886▼142)フタバ産業(577▼47)
豊田合成(1234▼145)ジェイテクト(729▼91)豊田通商(908▼95)

ほとんどトヨタ様の話になってしまったので、少し毛色が違う形のものを「その2」に改めて書くことにします。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム