東京ローカルの早慶戦で全国にご迷惑おかけします

闇の早慶戦がニュースやワイドショーを汚す今日この頃です。

早慶戦は芝のある神宮球場や秩父宮ラグビー場、ホームレスに見守られる隅田川で行われるのだが、ここのところは3面記事をにぎわす状況と変わってしまった。

慶応では草違いの件が5日にもまた表面化してしまっている。早稲田では小室哲哉の衝撃がまだ収まっていない。

詐欺師の唄を歌っていた早稲田、大麻で荒ぶる慶応。
しばらく汚名を着ていただくしかありませんね。

慶応に振られた江川卓、早稲田を袖にした桑田真澄の名前が、なぜだか輝いて見えてしまいます。


”打撃の神様”川上からON!今、よみがえる、あの打撃伝説!&”神様、仏様、稲尾様”、”400勝投手”金田から”怪物”江川卓!スーパーエースの熱投が今、よみがえる!■Number 豪打列伝&豪球列伝 <2本セット>■


桑田真澄日本語・英語直筆サイン"MLB2007"書込み公式ジャージー

【慶応義塾】
慶応大の元米国人講師、大麻所持で逮捕...今年2月
http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/yomiuri-20081105-00291/1.htm
2008年11月5日(水)11時20分配信 読売新聞

 慶応大の元米国人講師(41)が今年2月、大麻取締法違反(所持)容疑で警視庁愛宕署に現行犯逮捕されていたことがわかった。

 同署副署長などによると、元講師は2月7日、東京都港区のJR新橋駅近くで職務質問を受けた際、リュックサックの中に、大麻樹脂約0.3グラムと乾燥大麻約0.03グラムを所持していた疑い。3月に、懲役6月、執行猶予3年の有罪判決を受けたが、在留資格の期限が切れていたため、3月13日に入管難民法違反(不法残留)容疑で強制送還されたという。

 同大広報室によると、元講師は2005年4月から同大環境情報学部で訪問講師として英会話などを教えていた。

【早稲田実業】
多摩・国分寺に移転した早稲田実業には、王貞治を記念する野球場と、小室哲哉が建設費を出した記念ホールがある。

王貞治記念グラウンド
http://www.wasedajg.ed.jp/50_100oground.html
小室哲哉記念ホール(08/11/5現在)
http://www.wasedajg.ed.jp/50_hallceremony.html

王貞治の名前は、長く早実に残るだろうが、小室哲哉の名前は卒業者名簿以外からは消されることになるだろう。ソニーやAVEXはCDの販売や配信を取りやめた。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム