重要文化財・(国鉄→JR西日本)旧大社駅その1・正面

去る4月30日、旧国鉄、旧JR西日本大社駅に行った次第だが、思いもよらなかった壮麗さには感嘆するしかなかった。
さすが、日本を代表する寺社・出雲大社門前駅として建築されただけある。

老舗旅館、なんとか庭園と今は呼ばれる旧家・古い邸宅のようにも見える。

神門通りをまっすぐ下って、駅前までたどり着いた。
えらく広い、駅前広場が今も残されている。150台駐車可能だとか。

たぶん、駅前広場の敷地は、大社線廃止前のままだ。
ただし、駅前広場にありがちな植込みのようなものは撤去されたのかも? と思える。
かつて、駅前ロータリーのようなものがあったとするなら、そんな違和感はない広さだからだ。

植込みを維持管理するより、潰して一面アスファルトの方が負担も少ないのかも。

かつては、広い駅前広場に、鉄道客を相手にしたで観光バスや路線バス、客待ちのタクシーなんかがいたんだろうなぁ…と思えるが、今では交通の意味は無くなってしまった。

推定するに、2001年に行われた、旧大社駅整備施策で「駅前広場」を取っ払って、だだっ広い「アスファルト敷き広場」に変えられた形。ただ、本当のところはインターネットで探し出せない。「旧大社駅整備施策」を行った大社町は、出雲市に事実上吸収合併された形なので、旧・大社町当時の資料を探し出すのは困難としかできない。そのことのためだけに、島根県や出雲市の資料を取り寄せるのは割に合わないので、やる気はない。

だたっ広い駅前広場の片隅に、「観光案内に使われるタクシー」が停まっていたのに気が付かされた。
どうしても「出雲大社」が中心となってしまうので、連想しやすい神社仏閣、博物館や、名所旧跡あたりに観光客の耳目が集中してしまうように思えるが、これらに全く当てはまらない「旧・大社駅」もなかなかなものである。

建築物や、鉄道遺跡のようなものに関心がある人にとっては、「旧・大社駅」は必見だ。

ただ、2014年の出雲大社参拝客的な視点で考えると「旧・大社駅」は、コアな出雲大社の敷地、門前の神門通り、正面鳥居隣の島根県立古代出雲歴史博物館など「出雲大社周辺をぶらぶら歩く」にはポツンと離れていて、ドライブコースとして紹介される日御碕や宍道湖と比べたら近過ぎる。

出雲市駅、出雲縁結び空港からやってくる人は、ほとんど関心を示さないだろう。
「所定時間内にできるだけ詰め込め」観光ツアーでは、ビミョーに離れた旧・大社駅はコースから外されがち。

建築物や、鉄道遺跡のようなものに関心がない人にとっては、「旧・大社駅」は見逃されてしまいがちのように思えてしまう。従って、「たまたまやってきてしまった人」を除くと、興味がない人しかやって来ないはずだ。

それから、大社駅の場所が、出雲大社と、神門通りからはパッと想像しにくい場所にある。
観光タクシーを使ってやってくる人がいるのも理解できてしまう。








写真が2枚しかないって?
正面駐車場前から写したものが2枚というだけ。

駅構内、ホームの写真は別建てです。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム