NHKスペシャル「無縁社会 新たな“つながり”を求めて」を見て その3

NHKスペシャル「無縁社会 新たな“つながり”を求めて」について、あらすじとイチャモンを並べてみたが、最後は力技でポジティヴに変えてきやがった。
このことをザーッと書いていったら、20時43分放送終了だったのに、書き終わりは27時36分。7時間もかかってしまった。フジテレビのものまね王座決定戦放送中に終わると思っていたのに、タモリ倶楽部もとっくに終わり、気が付けば通販番組だらけの時間ですぜ。

その2の続きです。





(6)生きるための“つながり”
映像は、自殺者が後を絶たない和歌山県南紀白浜の三段壁に飛んだ。
(この地がそうだってことは、以前からTV映像で知っていた)
NPOスタッフが警察や自治体と連携して自殺防止のパトロールをしている。

睡眠薬が48錠、展望台に残されるのを見つけた映像が流れた。

三段壁自殺を図ろうとしたものを保護すると、一時的に近くの教会で保護される。
NPOの代表は、この教会(白浜バブテストキリスト教会)の牧師、藤藪庸一氏である。
ビデオでは、15人ぐらいが共同生活しているとしていた。
食費・滞在費は仕事が決まるまで無償。
毎日全員一緒に食卓を囲む。寝床は教会の礼拝堂。

ビデオでは、NPOに「死にきれない。助けて欲しい」と自殺を図ろうとした男性からの電話が入り、クルマで男性のいる駅まで迎えに行った映像が流されていた。
時期は11月? と、後の流れから想定できた。
駅名は挙げられていなかったが、「白浜温泉」ののれんがあったことから、おそらくJR紀勢線の白浜駅。
件の男性は46歳、北海道から上京後、職を転々としたが、仕事にありつけなくなり、住むところまで失った。

このあと、NPO職員の河上勉氏(57、仮名)についてインポーズ。
かつてメーカーで営業の仕事をしていた。仕事一筋だった。
やがて過労で倒れ、仕事を失い、妻とも離婚。
全てをなくし、半年前に身を投げようとしたが死にきれず…
NPOに保護されて、ここにいる形だが、河上氏の面倒見の良さを買われ、NPOの職員に転じている。

NPOでは、クッキーづくりに取り組んでいる。
近所の豆腐屋からおからを譲ってもらい、クッキー作りに使っている。

クッキー作りには、保護された人のほとんどが参加していた。
46歳男性も参加した。しかし、作業が止まると人の輪に入れない。

そこで、河上氏が46歳男性に声をかけた。

ビデオは12月クリスマス会に向けての準備に変わった。
出し物の、鈴で水戸黄門の主題歌「ああ人生に涙あり」を演奏しようというもの。
その練習に、河上氏は46代男性に声をかけ、加わることに。

「ああ人生に涙あり」を選んだのには、ぶっちゃけ疑問を持たされた。
仕事一筋できた57歳男性が、山下達郎のクリスマス・イブ(1983)を知らなくても驚けない(すでに仕事以外に興味を示さない30歳だ)が、あまりにも有名なビング・クロスビーのホワイト・クリスマス(1942)を知らないとなると、どういう生涯をすごしてきたんだとなってしまうが…所見のメモではそう思った。
映像から、選曲したのはNPO代表の奥さんぽかったとわかったが、40・50代の人に「ああ人生に涙あり」をやらせるのは場違い。失礼だ。
本筋とは関係ないので止めておこう。

その後、「保護されて1ヶ月余り、この日初めて仕事を探しに出かけた」って一節があった。

やがて、教会でクリスマス会が行われた。
地元の女子小学生と思われる何人かが鈴で何かを演奏した。

その後、出し物として河上氏、46歳男性と、もう一人の男性が「ああ人生に涙あり」を演奏した。
よくやったのは事実だ。

映像編成のせいか、なぜ彼らがいるのかを知っている人たちがクリスマス会に来ていたせいなのかはわかりかねるが、気持ち悪いほど周囲が優しいように感じさせられた。小学生らに「もう一回」とアンコールを掛けされたあたりにヤラセを感じさせられた。

このあと、河上氏はNPO職員に転じた。共同生活からアパート生活に転じたことも取り上げられていた。

最後は「小さな幸せ」をクリスマス会出席者が合唱して終わり。

どうも、ハッピーエンドもどきであっても、明るく終わらせないと格好がつかないので、「どん底から底」でも「改善」とするようなエンディングだった。
実態は全然よくないのに、景気回復としきりに報じる経済ニュースのようなものか…
結局、「生きるための“つながり”」の結論にたどりつくよう、それまでの映像が並んでいた感じでした。

★最後に
無縁社会」って言葉の反対語として、NHKでは「絆」って言葉を当てている。
ここでの絆とは「良い縁」のことで、決して「悪い縁」ではない。
だが、「良い縁」とやってしまうと、一般に結婚を連想させてしまうので、「縁」って言葉が使えず「絆」を使っている感じ。
「絆」と書くと、「よいつながり」を意味し、「悪いつながり」を意味する「絆」を含む熟語は想像できないので、そうしたんでしょう。
NHK恐るべし。






2011/02/12 03:39
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 貧困問題
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム