神戸市明石区としか思えない…JR西日本/山陽電鉄・明石駅の駅舎

去るゴールデンウィーク、神戸三宮でスカイラインを借り、出雲大社まで行った。
「出雲大社」がどうしても中心になってしまうが、レンタカーの移動なので「だけ」ってことにはなりようもない。

ツアーバスだったら「出雲大社と石見銀山と松江城」のパッケージでおしまいだ。
サンライズ出雲だったら、「出雲大社界隈」を除くと車窓から見る風景だけでおしまい。

だが、クルマではその辺はフリーフォーマットなので、旅行ツアーで「基本をしっかり押さえる」ことはできない一方、観光客が足を踏み入れないようなところに行けてしまうものでして。

公式参拝なしの「出雲大社」、拝観料を払わない「松江城」「姫路城」外観拝見とやったわけだが、行けそうな駅にも行ってみたということ。

姫路から神戸三宮に向かう途中、国道2号線の明石駅前交差点を左折し、明石駅を見てみようと行ってみた。
この時の写真を淡々と並べます。






まずは前振り。
去年、2013年5月1日に「明石海峡大橋でも見よう」と、山陽自動車道の三木小野ICか三木東ICを出てから一般道を明石に向けて南下したまではよかったが、明石港に着いた時点で日没間近だった。


前振りの続き。明石漁港前で日没の時間を迎えた。明石駅はスルーして、三宮方向に向かう途中の朝霧駅前で、クルマを停めた。
「朝霧駅前」なのはたまたまだ。「明石大橋ビュー」なのが「朝霧駅前」だったに過ぎない。

この一帯にある、2号線沿い壱番屋の駐車場に車を停めた。当然のようにカレーを食べた。
その壱番屋からは、明石大橋がよく見える。

ただ、店内から撮影すると、店内の灯りが邪魔になりかねないので、店の外で撮影に至った次第だ。
観覧車がライトアップされている。

日没前の時間帯だったら、観覧車は肉眼で十分に見られる大きさである。


ここから本編。
国道2号の明石駅前交差点を左折し、明石駅東口の信号前に出た。
ここを左折し、駅前広場にクルマを停車させた。

クルマを下り、この写真を写した場所に出て、この写真を撮った。

写っている車両は、山陽電鉄のものである。


山陽明石駅の出入口のアップである。

本当ならば、高架の反対側(明石公園側)にも行きたかったのだが、「よそ者排除だ」「排斥だ」現金強奪暴力団みどりのクソジジイの「赤紙」恐怖が常に付きまとうので、急いで戻るしかなかった。

観光客、ビジネス客、商談…に関係なく、「よそ者来るんじゃねぇ」と締め出す、駐車監視員という名の暴力団の手下がはびこっていそうな雰囲気が漂っていましたから。


クルマを停車させたのは、東口交差点と西口交差点の中間ぐらいだった。
この場所は、停車させた場所からクルマが見えるので、手下の気配がしたら直ちに戻れる。
本末転倒な意識を持たなければならない…気分が悪い(怒)

位置的には、左手に「JR西日本」の出入口、右手に「山陽電鉄」の出入口が見える所となる。
車両編成が山陽電鉄の方が短いので、山陽電鉄のホームはこの写真の右手出入口あたりまで、JR西日本のホームは左手出入口より左手にも続く形だ。



写真のアップ。
平和そのものの光景である。

花壇の周りに座っている人がいて、待ち合わせらしき人が立っていて…

ありふれた、平和な日常が広がっていた。

実は、大阪市内や東京23区内では、ところによるがありそうでありえない光景でもある。
なぜなら、ホームレスが所在無く座っている場合があるから。



駅前ロータリーの西側半分は、完全にJR西日本専用。
とはいえ、それほど「専用」を意識するものでもない。

駅舎」って雰囲気…皆無でした。







この写真だけではわかりにくいのではあるが、高架の下にはしっかりと商業施設が設けられている。
JR西日本の子会社が展開する形で。

大手スーパーを進出させるレベルにしてしまうと、今では採算に合いにくいので、この程度が最適規模と言うことか…

駅には違いないが、機能性重視の「通勤・通学客相手」としか思えない。

明石駅というか、明石の街を見てしまうと、「明石市」というより「神戸市明石区」のイメージばかりが強くなってしまう。

そもそも、固定電話の市外局番が神戸市と一緒の「078」である。

それから、地図を見てしまうと、「神戸市西区」に貼り付けられたように「明石市」の行政区域があるのがわかる。

交通の意味でタコ足のハブ「明石」のプレゼンスは下がらざるを得なくなった。
明石市を一切通過しない「明石海峡大橋」の開通で、明石港と淡路島を結ぶ「たこフェリー」は廃止に追い込まれてしまった。今も「淡路ジェノバライン」があるので、徒歩や自転車を使って船で明石から淡路島へ行けないことはないが、バイク、スクーター(125cc以下)は明石⇔淡路島の直接移動ができない問題がある。

交通網の高速化から、商業地の都市間競争は遠くにまで行ってますからねぇ。明石市民が行く百貨店って、昔っから三宮の大丸とかそごうなんでは?

日本標準時の明石天文台…があるとばっかり思っていたが、そんなものはないとわかって、ガッカリ。
あるのは、東経135度の仮想線と、単なる博物館・明石市立天文科学館だ。

調べれば調べるほど、「神戸市明石区」だよなぁ…としか思えない現実が広がってくる。
財政的に十分持つから、合併しようなどと考えないで済んでいるだけじゃないの?

2001年7月21日、JR朝霧駅近くの大蔵海岸で行われた「第32回明石市民夏まつり花火大会」で、花火終了後の観客殺到で、客が玉突き状態となって下敷きになり、死者11名、負傷者247名を出す大惨事に見舞われたのを最後に、明石市では花火大会は開かれなくなった。

市内に象徴がないから、駅もあっさりしていていいんじゃないの?
明石市、兵庫県JR西日本山陽電鉄などが集まって構成を決めた結果が、のっぺりとした機能性ばかりの駅でした…って結論が、明石駅に見えてしまった次第でした。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム