08/10/21の市況

最終結果だけを見れば続伸とされるし、四本値だけを見ると下ひげが出たと解釈できてしまう今日の流れ。
昨日のNYの上げは、はっきり言ってイカレてるとしか思えなかったが、今日の東京の上げという奴はNYの昨日のイカレた上げに追随したとするしかないのだろう。

後半30分に「ブン投げ買いが来た」と感じた。これはNYが今日もイカレてしまう事への恐怖が、NY追随で高く寄り付いたあとのいろんな売り(利食い売りとか、ヤレヤレの売りとか、新規の信用売りなど)で徐々に上げ幅を縮小に向かっていたのを帳消しにする形となり、終わってみれば実質の寄り付きと似たあたりの引けとなったと考えておいたほうがいい感じ。
今日の相場の流れはGLOBEX(シカゴ先物)が下落歩調になったことで上げ幅を縮小し、引けに掛けては日本物の先物が上に触れだして上昇幅を広げるという先物に振り回されただけの流れというもの。

結局、昨日買い持ち越しを決め込んだ人が一番おいしい思いをして、宵越しの玉を持たないデイトレーダーには非常にやりにくい相場だったという形になってしまった。

日経平均  9,306.25 △300.66
TOPIX     956.64 △29.27

最近の相場はあまり大局観をもって望むのはふさわしくなく、ロシアンルーレットを毎日やっているようなもの。「うまくやれば」なんて生易しいことは言わないほうがいい。
バブルに踊った足利銀行や兵庫銀行が破綻し、やり過ごした静岡銀行が優良銀行と扱われるようになってしまったのと似たようなものを、最近の相場には感じなくもない。

こんな調子だから、あんまり深入りしないほうがいいとしか言えない。


貧困と家族崩壊 

今週号の東洋経済は「家族崩壊」と題して、日本の労働者の悲惨な状況が書かれています。
派遣労働者を正社員に登用すると何十万支給するとか、フォークダンスで結婚支援なんて上っ面の活動ではもはやどうにもならないことはイヤになるほどどわかりきっている。
過労死は明らかに悲劇だが、「悲惨な状況を降りることができてよかったじゃない」と思える状況が明らかに自分を取り巻く環境にある。過労状況も問題だが、寸止めで侮辱されるに等しい状況にある人も多数いる。過労死も問題だが、尊厳を喪失してうつや自殺に追い込まれる人も多数出現している。

  • オフィスで見るものすべてに吐き気を催しませんか?
  • 仕事中に笑った記憶はありますか?


あなたに思い当たるフシがあれば、そこは陰湿な職場です。

ベースにある救われない状況について、結構踏み込んで記されているので、一読する価値はあると思います。書店で690円で売っています。買うに及ばないと思われる人は、図書館でお読み下さい。

http://www.toyokeizai.co.jp/mag/toyo/index.html

今の企業を見ていると、金を積んで「大卒」を買ったようなおバカが跋扈する反面、金がないだけで低賃金労働に甘んじる人たちが多数いることを実感する。
東大京大などの難関大学に行くためには、「受験のための知識」を習得するための頭脳と、「受験のための知識」を獲得するための投資がともにないと不可能。その頭脳をもって生を受けても、投資ができない家に生まれた時点でアウトとなる。

おまけに、大学入学後は入学前のストックがどれだけあるかに左右されるところがある。学科以外の知識については、カリキュラムで獲得できるものではないので、意識的にでも手をつけない限り、ただの専門馬鹿に成り下がってしまうことになる。
これは、企業に入ったあとも同じこと。
典型的な例が、昇進条件に混ぜられる英語。海外事業でもかかわらない限り英語を使う機会はないに等しいが、TOEICという悪しき足切りがあるため、業績をどんなにあげても意味がないことになりかねない。

結局のところ、過剰なストックを要求するあまりに、宝をわざわざ腐らせているのが日本であるし、企業もその片棒を担いでいることが、「家族崩壊」どころか「尊厳撲滅」につながっていると考えるしかない次第です。

芸能人の羞恥心には恥ずかしいところはないが、その芸能人がいる社会に羞恥心はあるのだろうか? そんな思いを持ちながら今日の項を終わりとします。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム