スプリンターSの予想(改)

明日はG1・スプリンターSが中山競馬場で行われる。
ここ何年かは香港からの参戦が続いていたが、今年は参戦なし。これはちょっと残念です。そのせいもあってか、有力馬とその他がきれいに分かれてしまう感じとなってしまった。

今年の高松宮記念覇者ファイングレイン、今年のサマースプリントシリーズ覇者カノヤザクラ、オープン×2→G3×2と4連勝中のスリープレスナイト、キンシャサノキセキ、昨年の高松宮記念覇者スズカフェニックス、北海道で快進撃を見せたビービーガルダンまでを見ておけば十分な雰囲気。

以下は東スポの競馬記事を抜粋したもの

  • スリープレスナイト、カノヤザクラの有力馬を2頭出す橋口厩舎。追い切り後の会見で橋口調教師が「スリープレスナイトの方が上かな」と言ってしまった。
  • キンシャサノキセキは北海道2走でエンジンの違いを証明
  • ビービーガルダンは北海道で出走した3戦(TVh杯、札幌日刊スポーツ杯、キーンランドC)の内容は、函館SSのキンシャサノキセキの内容に匹敵する

そのほかでは、スズカフェニックスの着順が昨年12/16の阪急杯優勝を最後に、徐々に着順を落としているのが気になる。今年の高松宮記念では躓き、前走のセントウルSでは出遅れとあるが、それを割り引いても厳しい感じになってしまう。

そんなことをまとめて結論。

◎スリープレスナイト(4歳牝)
ここは素直に4連勝の勢いを買ってみたい。調教師のコメントを見ても買いたくなってしまう。前2走のCBC賞→北九州記念は平坦コースなので、坂のある中山は大丈夫かなと思ったら、4走前は中山で勝っていた。

○ファイングレイン(5歳牡)
今年1・2・3月と3連勝してG1を手にしてしまった馬。
前哨戦のセントウルS9着はひとたたきの上、初の59kg。たたき良化形のような戦績もあるので、素直に実績を評価すればいい感じ。最終追いで引き締まったと考えられる。

▲キンシャサノキセキ(5歳牡)
潜在能力で言えば上位であることは間違いない。しかし◎○両頭に比べるとどうしても見劣りしてしまう。

△カノヤザクラ(4歳牝)
やっぱり、G1には力が及ばないのでサマースプリントに全力を投じたと言うことになりそう。
△ビービーガルダン(4歳牡)
北海道で頭角を現したが、前走が2着に終わってしまったのは限界だったのか。

◎○▲△のお決まりのフォーマットで書いてしまうと、上位5頭の差は分かりにくいが、◎○2頭が抜けてしまっている感じがする。ワイドであれば2=14の1点でもいいかもしれない。馬単ならば2強から流す形に。

ワイド & 馬連 2=14
馬単 14→7,15、2→7,15

世の中は金融不安に、大阪ミナミの放火事件と忌々しい状況だったりする。政権が混沌とする状況も。自分はというと、皮肉なもので、こんな状況のときは競馬の調子がよかったりする。春先の理解に苦しむ予想と違ってなんて単純明快なことか。

春のフォーマットに倣って、爆笑問題・田中裕二と井崎脩五郎の予想を書いて終わりとします。田中はTBSラジオで競馬の番組を、井崎はフジテレビで実況中継をやるのよねん。

爆笑問題・田中 馬連 8=2,3,4,13,14,15

井崎脩五郎 馬連 2=14 1点



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム