首都圏の抜け道情報

以下に書いた例は、いわゆる抜け道マップみたいな性格のものです。
自分が知っている例だけを記します。
実際の地図と照らし合わせてみてやってみて下さい。

節約・貯蓄の項になんで書いているかって?
渋滞に巻き込まれては時間もガソリンも無駄になるからです。

なお、カーナビや、ラジオの交通情報にも気をつけた上でコース選択して下さい。


  1. 東北・常磐道から日本橋・銀座
    夜間を除き日常的に渋滞する首都高速道路・箱崎ジャンクションは避けることで、渋滞に巻き込まれる確率がかなり下がる。
    この方面から日本橋や銀座へ向かう場合、以下のようなコースがおすすめ。

    ・東北道→浦和で降り、以降は一般道(国道122号など)を使う。
    ・東北道→首都高の千住新橋ランプで降り、以降は一般道(日光街道・昭和通り)を使う。

    ・常磐道→首都高の四つ木ランプで降り、以降は水戸街道などを使う。

    通常、墨田区や江東区内はそれほど混雑することがない上、墨田区南部と江東区は道路が碁盤の目のようになっていて代替道路も多数あるので、比較的快適に走行することができます。
    両国橋、清洲橋、新大橋などから中央区内に入るのがお勧め。

  2. 東名道から渋谷・六本木
    渋谷へ向かう場合は、一般道を使うにしても246が渋滞するので辛い。
    渋谷へ向かう場合、事故渋滞の情報でもない限り、素直に以下のどちらかを選択するのがベター。
    首都高の渋谷ランプで降りる
    ・用賀の東名出口を出たら、環八→246で渋谷へ

    但し、六本木や霞ヶ関に向かう場合は、駒沢通りを迂回路として使うコースも考えられる。

  3. 都内⇔千葉県「市川市~船橋市」の千葉街道
    市川・船橋市内の国道14号(千葉街道)やその裏道は、道路容量の絶対量が不足しているために日常的に渋滞する。千葉街道が市川広小路を境に船橋方面が片側1車線になっているのが主たる原因。市川市の都市計画図通りに道路が整備されても、外環道(東京外かく環状道路外環状線)交差点までしか片側2車線にはならない。市川広小路・外環道から東に、習志野市と千葉市の境に位置する京葉道路幕張インターチェンジ間は片側1車線なので渋滞を覚悟しなければならない。

    従って、可能な限り回避するのがお勧め。

    京葉道路で篠崎出入口(江戸川区)⇔船橋IC(100円)
    通行料(普通車100円)を払ってでも、所要時間を考えたら合理的。「市川広小路=船橋インター入口」の渋滞を回避できる。

    環七の内側⇔船橋駅以東
    「京葉道路でも使え」でもいいが、「湾岸道路(一般道の方)+葛西橋通り」を使うのもあり。渋滞する確率は格段に低いため、実走距離が長くなったとしても、アイドリングが圧倒的に少なくなるため、短時間であるところに、ガソリン消費量も少なく済むかもしれない。

  4. 川崎・横浜鶴見あたり~横浜戸塚の間
    2014年3月20日の事、日産のレンタカーに乗って国道1号線を東京・五反田に向けて移動していた。藤沢市内から渋滞の連続で辟易しながら横浜市戸塚区内に入った。ナビでは「国道1号線をそのまま行け」と表示されていたがVICSで渋滞していることも表示されていた始末。ふと、迂回路はないだろうか? と表示される地図と目にしながら考えたら、

    「国道1号線の平戸立体交差点で環状2号に入り、新横浜を抜け、大豆戸交差点で綱島街道に入り、そのまま道なりに進めば丸子橋経由で五反田じゃないか」

    ってことに気が付いてしまった。
    実際、環状2号に入った。明らかに国道1号よりクルマを走らせやすい。ついでに込み方も少なかった。
    藤沢・戸塚の国道1号線渋滞はなんだったんだ。

    実際には、大豆戸交差点を過ぎても環状2号を進み、その後はナビに従って、川崎市幸区で国道1号(第二京浜)に戻った。
    幸区から五反田までの国道1号線は、20日夜には渋滞などなかった。

    東京=湘南を、クルマで東海道を通過しようとする際、確実に有効なバイパスとなる。
    横浜駅前を通過するな、新横浜駅前を通過しよう。

  5. 新橋から渋谷
    外堀通りで赤坂見附に向かい、その後246というのが分かりやすい。
    しかし、タクシーでは第一京浜→外苑東通り→六本木通りのようなコースを使っている。平日の朝8時台に走ってみたが、実際に渋滞に引っかからなかった。

  6. その他
    補助26号線は途切れ途切れにしか開通していないが、山手通り・環七通りのバイパスとして使うには非常に便利。
    中野通り+笹塚=駒場間、三宿=駒沢通り間、目黒通り=第二京浜、大井町=海岸通りが現在開通しているところ。駒沢通り=目黒通りの間の補助26号線は着工中だが、代わりの道が存在している。


【迂回手段が見当たらないところ】
  1. 関越道・練馬ICへ向かう道
    目白通り・環八通り・笹目通りのいずれも、バイパスにあたるものが見当たらない。
    従って、対策を教えてくれとしか言えないのが現状。

  2. 相模原市内の国道16号
    どうしようもないの一言に尽きる。並行する主要道路も混雑するため、手のうちようがない。

  3. 中目黒駅~246の間の山手通り
    生理的に嫌いだ。路肩に駐車する車が多いのもあって、左側車線を走る車が右側に割り込まざるを得ないことが多い。


【お願い】
ご存知の情報がありましたら、コメントに残していただければ幸いです。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ロードマップ(道路地図帳)
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム