大阪駅北口…なんなんですか、高層ビルだらけだなんて

阪急百貨店の本店前を去り、新御堂筋へ出て、戻ってMBS毎日放送の"ゆるクナイ"ビニールのゆるキャラ前を通ることとなった。
なにこのヘンキャラ…きっしょい。
調べてみたら「ぷいぷいさん」「らいよんチャン」なんだとか。毎日放送の売店のほか、ご丁寧にも通販している。
そんなものを見てしまった後、梅田芸術劇場の前に出た。
この時は、宝塚歌劇団による公演開始前だったらしく、入場待ちらしき人の一団がいた。
○○○○への貢ぎ物を受け付けるための机が出ているとか、△△△△の名前を書いた紙を持つ人がいるとか…そんな気配は見なかったが。

※東京・日比谷の東京宝塚劇場前路上のイメージから。他は見たことがないので何とも言えない。

梅田芸術劇場があるのは阪急茶屋町ビル。
よくある複合型都市再開発ビルの雰囲気だった。

とにもかくにも、大阪市と阪急電鉄を核にした再開発が行われた結果、巨大ビルが並んでいる感じの"阪急村"だった。

阪急・梅田駅から一つの中津駅前まで歩いた後、しばらくは梅田スカイビルを見ながらの行程となった。
中津駅を離れた後は"阪急村"の様相は無くなったが、再開発の波はポツポツと。

よくあるマンションが見えた。だが、売れ残っているようで、屋上に「好評分譲中」の大看板が出される始末。苦笑いだね。

そのうち梅田スカイビルにたどり着いた。周囲とは違和感があるぐらい、威容を示している。
積水ハウスの本社が入居している。

入居している新梅田シティ郵便局の前に、昭和30年代ものっぽいダイハツの軽トラックが置かれていた。
郵便用ではなく、酒屋がビールを運ぶものだった。なぜか3ナンバー…

その時点ではなんで「3ナンバーの軽トラックが」「郵便局前に酒屋用が」だったが、後で調べたら、「新梅田シティはダイハツディーゼルの跡地」「荷台のせいで高さ2m越え」とわかる。

ここまでは撮った写真も元に書いているが、本題とはそれそうなので割愛。

その新梅田シティを後にし、JR貨物駅の下をくぐる通路を通過した後、やっと大阪駅北口にたどり着いた。

梅田貨物駅の一部を使い、再開発に回している。
そのときはわかりようもなかったが、「グランフロント大阪」と言う事だ。







撮影時点は単に、「ノースゲートビルディング」と、大阪駅の大屋根を真裏から見える物としてみていた。
左に写る建設中のビルが、駅真正面のビル(グランフロント大阪のAブロック)になるとも知らずに。



工事用車両が出入りするところを少し駅寄りに動いて写したもの。
大阪駅」の白い文字の左に、巨大な雪だるまが置かれているのは、撮影日(11/24)のせいと思われ。
それにしたって、吹き抜けの巨大さと、吹き抜けの向こうに見える大屋根の巨大さが手に取るようにわかる。



何の変哲もない大阪駅JR高速バスターミナルである。
この道路の真上には「ノースゲートビルディング」がある。
道路の上にビルが…最近は珍しくない。だが、これもこの項を書くために調べて分かったこと。

このビル下の道路を抜けると、ヨドバシカメラが現れる。
国鉄清算事業団が売り出し、1010億円で落札した土地に建つ、「ヨドバシカメラ マルチメディア梅田」だ。
なんだか、淀川浄水場跡地に高層ビルが林立し、周囲に広がった、東京・西新宿のコピーを見るかのような気分になってしまったのだった。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム