08/09/08の市況

今日は、日本時間8日0時過ぎのアメリカポールソン米財務長官会見がすべてだった感じ。政府系住宅公社に公的資金投入→金融不安の後退ということになり、金融株が冗談のように爆上げしてしまった。また、金融不安に端を発する消費関連や設備投資関連、投資先の不動産なども当然のようにあがった。
下がったところは、ディフェンシブ(NTT、NTTドコモ、電力)と石油消費産業(紙・パルプ、電力)ぐらい。コンビニも案外ディフェンシブと扱われる感じなのか、セブン&アイ、ローソン、ファミリーマートが軒並み下がっていた。武田薬品・アステラスも下がった。

日経平均 12,624.46 △412.23
TOPIX   1,216.41 △45.57

金曜日に、「常識的に考えるのがバカバカしくなる状況」と書いたが、今日は金曜日の逆の意味で「常識的に考えるのがバカバカしくなる状況」。光のメガバンクと、影の電力株の様相と言った感じだった。

【メガバンクの爆上げについて】
銀行株は、メガバンクから第二地銀に至るまで軒並み放り上げられた感じ。いちいち書くまでもないほど上がったものばかり。
みずほ・三菱UFJは1330以降はストップ高張り付きで推移してしまった。りそなに至っては、ストップ高比例配分。引けでしか取引が成立していない。
三菱UFJ(850△100)みずほ(463千△50千)三井住友(674千△89千)りそな(1037百△100百)

  • りそな(買い注文残り:251713、比例配分による出来高:13819)
  • みずほ(買い注文残り:38132、比例配分による出来高:4752)
  • 三菱UFJ(買い注文残り:58522百、比例配分による出来高:25670百)

これは仮定でしかないが、三井住友の上昇率(15.21%)をそのままみずほ・三菱UFJに適用できればみずほは62千高の475千、三菱UFJは114円高の864円で終わったことになる。

【NTTと電力株の下げについて】
基本的には、他の銘柄からの逃避資金が戻ったことためと考えるしかない感じ。
NTT・NTTドコモが安く、KDDIが高かったのがその気配を強調させる感じ。
NTT(506千▼9千)KDDI(620千△7千)NTTドコモ(1668百▼28百)

電力株は、逃避資金が戻ったことと、金融不安からの景気後退懸念が後退することに伴う原油の再上昇のダブルパンチを食ってしまった感じ。
四国電力とJパワーを除いて軒並み安で終わっている。

◇ ◇ ◇

民主党が総裁選をやるとか、福田康夫がそこにぶつけるように退陣するとかあったが、「そんなの関係ねぇ」というのが今日の流れだった。

今朝の新聞一面は「米国住宅公社への公的資金投入」が並び、アジア市場では上海を除いて軒並み大幅高。欧州市場も寄付きから大幅高。NYが仕上げになる。

あしたの東京はどっちになるかは、NYの日中の動き次第となるので、要注目です。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム