暫定開業の東京メトロ副都心線渋谷駅は、東急東横線渋谷駅に変わるべく工事中です

2008年6月14日、副都心線と命名された地下鉄が、池袋=渋谷間で開業している。
それ以前から開業していた、有楽町線区間があるので、東武東上線・西武池袋線と相互運転を行っている。

副都心線渋谷駅改札口には、開業直後に行っている。そこでの件は以下に記している。
http://platinumhills.blog42.fc2.com/blog-entry-498.html

ですが、副都心線に乗ったことは2012年3月24日が最初だった。新宿、池袋に行こうと思ったら、JRで間に合ってしまうものですから。
乗りもしないのに、ホームに出るだなんて、無人駅ぐらいでしかありえない。たかだか百何十円の世界であるが、そこまでする意味などないのですから。





3月24日についても、本来の目的地は浅草だったので、通常ならば地上の銀座線に乗って行けばいいのだが、せっかくだから副都心線渋谷駅でも見てやろうと思った次第。
銀座線でストレートに浅草まで行っても、迂回コースで浅草に行っても、運賃はいっしょ。時間に余裕があるなら、何の問題もない。

4月26日にグランドオープンを迎える渋谷ヒカリエがある。もともと、渋谷駅再開発の一環で建設中の超高層ビルだ。
そのことから、東急東横線渋谷駅の事を思い出した。
東急東横線地下化工事もせいぜい年内いっぱいのはずだから、2013年春のダイヤ改正(3月16日土曜日)で、本来の管理者である東急電鉄の電車がやってきて、東急東横線渋谷駅の扱いと考えられる。
念のため見ておこうと、改札を通過し、階段・エスカレーターを使い、副都心線のホームに降り立った次第だ。


写真1

まずは、壁に貼られていた、工事の外観図。3月24日現在ではやたらと幅広の1面2線となっているが、真ん中に2線が引かれ、2面4線のホームへ変わることが記されている。


写真2

現3番線ホーム側から、現4番線ホーム側を写した。工事用の鉄壁が、工事中であることを示している。


写真3

写真2を写した場所で、向きを逆にして写した。
天井にまだ送電線が敷設されていない。あと何か月しかありえない絵図である。


写真4

場所を変えて、写した。


写真5

いかにも工事中ですよ、と分かる個所だ。
鉄パイプが組まれ、ブルーシートの下にも何か工事用の何かが置かれている感じ。
地下鉄の営業時間(0500-2430)以外の深夜に、徐々に工事を行っている。


写真6

4番ホームの一番南側から。
ちょうど、運転手or車掌らしき人がいたタイミングだった。
渋谷=小竹向原はワンマン運転であるため、運転席に座っていた運転手がその場を去り、折り返しで先頭となる車両へ移動する前だったか…


写真7

写真6を写したところから前に進み、「係員以外立入禁止」の看板が掲げられる所にまでやってきた。
ご覧のように前方は行き止まりだ。

3月24日現在では行き止まりだが、やがて穴が開いて線路が続く形となる。
ホームそのものも南に伸ばされる形になるため、写真の位置でホームがおしまいにならなくなるよう、変わります。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム