住宅開発の開始が遅きに失した、新白岡駅

白岡駅…町の中心ではあったが、十分に発展する前に日本の収縮が始まってしまった事が投影されているような雰囲気だった。
駅前再開発はしたんですが、それに見合うものがやって来なかった…

夢を描いては見たが、遅かった。
近くにサッポロビール系のビール用麦芽製造工場がかつてあった。その跡地にマンションが建てられているが、違和感ありまくり。ビルが建てられるような雰囲気などなかったのですから。

巨大な首都圏が一様に収縮することはなかった。
工場が撤退したところにタワーマンションができて行った。そのことが、通勤時間を要する地域から、住宅需要を奪っていった。

そんな状況の中、白岡駅より東京から遠い新白岡駅の周辺は、収縮日本にタワーマンション登場前に田畑を潰して整備されたとは思うが、需要は期待外れ…って感じ。
白岡駅の東口ロータリーを後にし、レンタカーのヴィッツで新白岡の駅に着いて、東口ロータリーを背に東側を見て思ってしまった。
コンビニ・ミニストップの隣には広々とした駐車場が…近隣住民の利用に供しているので、大きな問題にはなっていないが…それでも。どう見ても、買い手のつかない未利用地を駐車場でお茶を濁しているだけ。

建売住宅が建てられるはずだったんだろうな…
そんなことを考えてしまった。







東口ロータリーの一角から、新白岡駅東口の駅舎を写してみた。
客待ちのタクシーが何台かいて、ロータリーには植込みがあって…
この写真だけならどこにでもある絵図だ。



その一角で、駅舎を背に写真を撮った。
コンビニに広い駐車場が設置されているのはいいが、建売住宅っぽい最寄りの住宅群までミョーな距離がある。

直感的に、寂しいなと思ってしまった。この理由をクドクドと書くと上にある通りとなるはず。

かつて、みどりの窓口があったが廃止され、KIOSKも閉店となったのだとか。
駅前でさえ閑散としているので、無理もないとするしかない。

Google Mapで航空写真を見ることができる。東口に白岡ニュータウンはちゃんと存在できているものの、その周辺で住宅地用に整備したような所に空き地多数。

フクザツな気分になっただけの、新白岡駅の項は以上です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム