調べないとウソを並べてそうになる、近鉄四日市駅

去る2014年の年末、名古屋駅から近鉄に乗って、四日市に行った。

実は「四日市に行った」と明確に意識して言えるのは、これが2回目だった。
前回はレンタカーでうすーく行っただけ。

近鉄の方がJRよりでかいぞ.
それだけ。

JRの駅裏は住友電装などの工場地帯である一方、近鉄は街のまん真ん中だから当たり前だろ…
それだけ。

近鉄四日市駅に商業施設が併設されているというより、近鉄百貨店の入口に駅が併設されている感じを受けた。
それだけ。

前回は、東口にちょっと立ち寄った後に、渋滞だらけの四日市インターチェンジへ向かう道を経て、さっさと京都へ行ってしまったので、大した印象は残っていない。京都・北野天満宮に長々といてしまった事の方が記憶に残っている。

改めて四日市へ行った。
こんどは近鉄名古屋線を使って。近鉄四日市駅は、よくある地方都市の中心駅の風情だった。

ただ、うすーく書くだけなら問題にはならない事だが、ちょっと踏み込んで書こうとしたら、沿革・経歴・歴史のようなものをそれなりに読んでおかない、デタラメインチキを書いてしまいかねない、ブログネタ的には「取り扱い注意」な駅です。

「四日市駅」とやってしまうと、JRになってしまう。「近鉄」を省略してはいけない…なんて基本だ。

そんな近鉄四日市駅写真を、淡々と撮ってきたので掲載する形です。





近鉄四日市駅前ふれあいモール
近鉄四日市駅前クリスマス&年末イルミネーション

名古屋から近鉄に乗り、四日市で降りた。
さっさとホテルにチェックインしたかったので、そそくさと改札に向かった。
単純に構内を出たら…アレ? ロータリーの気配がない方に出てしまった。

ロータリーがある中央通り側(大阪寄り)ではなく、イメージがなかった名古屋寄りの方へ。
いかにも商業施設の中庭みたいなところに出てしまった。

ここはどこ? って感じになってしまった。

いかにも日本的だが、クリスマス&年末イルミネーションがここでも展開されていた。
撮影当日は、雪が降るかどうかって感じの寒さで、小雨が降っていた。
偶然ではあるが、濡れたタイルにイルミが反射していたのは美しい。

なんとなく思ったのは、11月に行ってしまった東武鉄道の太田駅南口に似ている事。
ただ、太田駅南口のように、「キャバクラ街」が遠くにあるようなことはない。





近鉄四日市駅西口ロータリー
近鉄四日市駅・西口ロータリー

近鉄四日市駅・内部・八王子線1
近鉄四日市駅・内部・八王子線2
近鉄四日市駅・内部・八王子線3
近鉄四日市駅・内部・八王子線4
近鉄四日市駅、内部・八王子線のホーム

近鉄四日市駅前バスターミナル
東口ロータリー南のバスターミナル

近鉄百貨店四日市店
東口ロータリー前の近鉄百貨店

翌朝、西口にあるホテルを出て、近鉄名古屋駅の周りを撮影してみることにした。
当初は、ロータリー周りを撮ればいいっか、ってつもりだったが、西口ロータリーで「高架ではないところに車両がある」とわかったので、そちらにも行ってみた形だ。

地上にあったのは、内部・八王子線のホームだった。
車両を見た印象は、「塗装にカネが掛かっていなさそう」「車幅が細そう」だった。近鉄本線と線路はどこでつながっているんだろうか? って疑問も湧いたが、その場ではそれでおしまい。
実際には、本線の名古屋線が標準軌の1435㎜で、内部・八王子線が特殊狭軌の762㎜であるため、三線軌条にでもしない限りつなぐ意味はない。2015年4月からは、近鉄75%・四日市市25%出資の「四日市あすなろう鉄道」へ経営分離となる。
内部・八王子線の駅名は「近鉄四日市」のまんまでいいのか? の疑問も浮かんできたが、近鉄グループから離脱するわけではないので問題なし。

駅ビルの近鉄百貨店は駅の門をを兼ねているが、ビルの造りから「駅」に見えないのは残念。







街の造りから、「近鉄」が本駅で「JR」がサブであることは否定しようもない。

その理由に仮説を立ててみた際、高度成長期の四日市市街肥大化で、東側が工場群で広がりようがないのが国鉄・四日市駅である一方、西側が田畑だったので住宅地化が進んで「代表駅」が「国鉄→近鉄」に移って行った…としてみたが、これは真っ赤な嘘。近鉄四日市駅は移設があったものの、中心部にあり続けている。ただし、高度成長期の四日市市街肥大化が「近鉄」が本駅なイメージを強めてしまった事は否定しないでいいような気はする。

それから、お話がややこしいのであるが、近鉄四日市駅は、企業統合や線形変更のお話がゴチャゴチャ。

市街地の東外れにに国鉄・四日市駅が作られた(1890年12月)
 ↓
市街地に近い、現・近鉄四日市駅から東方300mに、近鉄の前身・三重軌道が『諏訪』駅を設けた(1913年9月)
 ↓
『諏訪』~『現JR四日市』に近鉄の前身・四日市鉄道が延伸(1916年3月)
 ↓
近鉄の前身・伊勢鉄道が「海山道=『現JR四日市』まで」鉄道敷設(1922年3月)
 ↓
近鉄の前身・伊勢電気鉄道が「(国鉄)四日市=諏訪=桑名」間を開業した(1929年1月)
 ↓
近鉄の前身が「桑名=名古屋」間を開業した(1938年6月)
 ↓
現在の「名古屋線」に統一(1938年12月)
 ↓
鉄道統合企業「近畿日本鉄道」誕生(1944年6月)
 ↓
四日市南部の「海山道」~北部の「川原町」間の軌道を、現在のものに変更。
これに伴い、旧線の「海山道~川原町」は廃止。
『諏訪』は移設され、現在の「近鉄四日市」の場所になった(1956年9月)

企業買収の繰り返しで、オリジナルはなんなんだよ…みたいな構図が、近鉄四日市駅の経歴に現れてしまっている。

企業統合の話は、それでも単純に列記して行けば済んでしまうが、『諏訪』で名古屋方面に向かえるようになった1929年1月の箇所は、軌道構成の意味でチンプンカンプンになってしまった。

てっきり、1929年から、現在の軌道になった1956年の間、「諏訪」で「スイッチバック」していたと読み取れそうになってしまったのですから。

ちゃんと調べて書かないと、ウソに引っかかりそうになってしまう近鉄四日市駅のお話は、以上です。
小学校高学年にはややこし過ぎるので、中高生ぐらいの夏休み自由研究みたいだった。
ややこしすぎるので、書いていて疲れました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム