電車賃の浮かせ方(中山競馬場・西船橋編)

有馬記念の声を聞く季節になってきました。中山競馬場では、今年もクリスマスイルミネーションが正門前を飾る季節です。というわけで、このブログで以前書いていた「電車賃の浮かせ方」を中山競馬場へ向かう場合で試算してみました。

なお、実際の内容は「西船橋」に書き換えてもほとんど一緒です。





【素直にJRだけを使えばいいケース】

  • 千葉県内
    総武線、京葉線、武蔵野線、常磐線、内房線、外房線各駅は単純にJRだけを使えばいい。
    ただし、JRの運賃体系の関係で途中で一回降りて切符を買い直した方が安上がりのケースもありそう。
    ※成田線は断念しました。

  • 東京都内
    東京メトロと競合しないところで、430円以下の運賃のところ。

    これは、東京メトロの運賃が最大で300円になっていることが根拠となります。
    京葉線全駅、総武線全駅、中央線は東京=飯田橋間、有楽町駅、御徒町駅、上野駅、鶯谷駅と、綾瀬駅以東の常磐線(千代田線)各駅。
    要注意なのは、値段比較だけでは西日暮里・南千住・北千住が抜け落ちる形になってしまうこと。
    また寒空の中で「オケラ街道」とも呼ばれる県道を20~30分歩く気力さえ残っていれば、日暮里への最安は京成線(東中山=日暮里で310円となりますが、物好きの世界になりかねないのでお勧めしません。


【西船橋で東西線に乗り換えたほうがいいところ】
東京メトロ限定の書き方だが、上記JR各駅と競合しない場所では全て当てはまる形。
但し、北千住・西日暮里では時間までを考えればJRがベターとなるはずです。

【判断に困る北千住・南千住・西日暮里】

運賃計算だけでは西船橋で東西線に乗れとなるが、所要時間を考えるとJRの方を進めてしまうのが北千住と西日暮里。しかし、南千住は判断に困ってしまった。

  • 北千住
    新松戸経由のJRのみがベター

  • 西日暮里
    秋葉原経由のJRのみがベター

  • 南千住
    運賃だけなら「西船橋から東京メトロ」と言い切れるが、実際にはコースに難儀しそう。普段の生活パターンからコース選択するしかない感じ。
    1. 新松戸コース
      武蔵野線=千代田線=常磐線」

    2. 秋葉原コース
      武蔵野線=総武線=山手線=常磐線」か「武蔵野線=総武線=日比谷線」

    3. 東西線コース
      武蔵野線=東西線=日比谷線」


【成田線沿線】
調べる気になれず断念。
しかし、成田駅に限れば、単純に距離の関係から
 船橋法典=船橋をJR、京成船橋=京成成田を京成線にする
というのがベターとわかってしまいます。

JR船橋と京成船橋の改札口は200mぐらいしか離れていないため、乗り換えに困るようなことはありません。また、JR成田と京成成田の間は100mぐらいなので、ほぼ隣接しているとみなせます。

  • 船橋法典=京成成田 670円
    (船橋法典=船橋 150円 + 京成船橋=京成成田 520円)

  • 船橋法典=成田(JR全線) 950円


※成田以遠の成田線沿線については、鉄道運行状況の問題があるため、判断をしないかたちにしました。

中山競馬場から全国の空港に向かう場合】
実はこれが一番ミソだったりする。

西船橋の位置は羽田と成田の真ん中辺りにあるので、時間帯によっては成田空港発の飛行機に乗るよう、船橋駅=京成船橋駅の乗り換えを混ぜて成田空港に向かう選択もあり。
どっちの空港を選ぶのがベターかについては、時間帯や航空券の価格で考えたほうがよさそうです。

  • 船橋法典=成田空港 870円
    (船橋法典=船橋 150円 + 京成船橋=成田空港 720円)

  • 船橋法典=羽田空港 940円
    (船橋法典=西船橋 130円 + 西船橋=羽田空港 810円)


(成田から飛ぶ国内線の路線)

新千歳、仙台、中部、伊丹、小松、広島、福岡

※西船橋から仙台・中部へ向かう場合は、新幹線を使ったほうが手っ取り早いので、品揃えの一環だと思って下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 節約
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム