★★486・10日の状況

今日はありふれた日曜日。
大して書くこともない感じで、オリンピックのお話が中心とせざるを得ない感じ。

谷亮子は金銀銅の3色を持って引退?
野口みずきは疲労で出走取り消しか?

なんだかネガティブなニュースが続いている。

女子バレーも黒星発進となった。TBSで流された放送を一部見たが、日本の勝ち負け以前に、普段見慣れたバレーボール中継の画像に比べて余計なものが見当たらなかったので見やすかったことの方が印象的。

「日本、チャチャチャ」もなければ、ジャニーズのうざい演出もない。広告プレートもない。
音声も騒がしさがなく、画像も余計なものがなくて実に見やすい。

普段は客席になっているところが、昨日は「Beijing Olympic」のブルーの背景だけになっているのもよかった。

日本のバレーボール放送は、1977年にフジテレビがワールドカップ放送をはじめてから徐々に鬱陶しさが目立つ状況となっている。最近は日本が強いか弱いか以前に見る気にもならない。バレーボール中継に限れば32年前のモントリオールオリンピックの時代に戻して欲しい!

きょうは、インターネットの状況だけを書いて終わりにしておきます。

  • NECのホームページが一時ブラウザクラッシュ状況に
    18:56あたり~22:00あたり
  • ホームページのアクセス状況が
    吉野公佳AVデビュー >>>>> 野口みずき五輪辞退か?
  • タモリが赤塚不二夫葬儀で「読んだ」弔辞が話題に。

NECホームページの件は2ちゃんねるで知った。
結局4時間弱で終息したが、NECの業種ゆえに風評被害が大きくなると言わざるを得ない。

吉野公佳の件は、書き込んでから1時間ぐらいの間は毎分1件ずつアクセスがあった状況。
http://browneye.at.webry.info/200808/article_4.html
野口みずきの件はアクセスが皆無に等しいのと比べて、この違いはなんなんだと思わざるを得なかった。

タモリの弔辞は大変な評判になっている。金曜・土曜のワイドショーでは一部分しか放送されなかったが、日テレ「ザ・サンデー」では全編放送された。

【弔辞全文】
http://browneye.at.webry.info/200808/article_5.html

これは昨日知ったのだが、弔辞を読んだのは11時過ぎ。12時には笑っていいとも!があったので、出棺のときはいなかったということに。
葬儀が執り行われたのが、中野坂上の宝仙寺(東京都中野区中央2丁目)なので、新宿のスタジオアルタまで3km程度しかない。確かに車で移動すれば十分に対応可能だ。仮に移動経路にあたる青梅街道が渋滞したとしても東京メトロ丸ノ内線で2駅(中野坂上→新宿)で移動すれば大丈夫だ。
タモリの弔辞の件は「白紙読み」といい、スケジューリングの見事さといい、賛辞を送らないといけないと思った。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム