6月23日深夜、東急池上線大崎広小路駅前の高架架替工事(3)

6月23日深夜、東急池上線大崎広小路駅前の高架架替工事(2)の続きです。
この工事の一番の見せ所となる、構造物の大回転があって、終わった後の後始末までとなります。


山手通りには、この場を写真に収めようと、三脚にデジカメの面々が並んでいた。
左に写るトラックは、「通行止」を車に伝えるための電光掲示板を積んでいる(02:48)。






工事中」の看板を積んだトラックが、山手通り上に停車している。
手前の大崎広小路交差点から車が入ってこられない時間帯に入った(02:49)。


(02:50)

(02:50)

構造物がクレーンで持ち上げられた状態で、クレーンが右に回り始めた。さっきまで、車が往来していた、箇所の上をかすめるように、構造物がある。


(02:51)

(02:52)

クレーンが回転し続け、徐々に設置位置に近づいていく。
直下には、何かあってはいけないと見守る作業着の人がいた。


クレーンの右回転がほぼ終わった。あとは構造物を下ろして、高架にすればいい。もう、構造物が車道に落下する恐れはないので、一時通行止めは解除された(02:53)。


構造物をおろす最中だ。手前には、いつものようにタクシーが走っていた(02:56)。


構造物がめでたく着地した後。まだ、ワイヤーが解かれていない(03:14)。


(03:34)

(03:45)

徐々に人手でワイヤーが解かれ、横に広がったものが徐々に垂直になっていった。


大崎広小路駅の反対側。構造物が設置される前には、持ち上げられていたクレーンも用済みとなったので、畳まれた(03:52)。


(04:00)

(04:06)
構造物を持ち上げたクレーンの役目は終わった。自ら、構造物の重みに耐えるべくおいていた重りを持ち上げ、大型トラックに移していた。撤収作業だ。
トラックには、あらかじめ重りを置く場所がマーキングされているのだろうか、作業員らしき人が車台に乗って、置く作業の一部になって働いていた。

しばらくして、もういいだろうとこの場を後にした。


夜が明けた。高架架け替え工事もおおよそ終わった。
3時ごろのピーク時には50人ぐらいいたギャラリーもすっかりいなくなってしまった。
1時半にはこの写真撮影箇所前に停車していた大型トラックもどこか行ってしまった。多分、工事作業用資材を積んで帰った後だ。徐々に作業撤収が進み、普段の街の光景に帰っていくところだった(04:21)。

どーでもいいんですが、なぜか中華料理店の幟だけが撤去されずに残っていた。

五反田駅に向かった。池上線五反田駅が視界に入った。
停まっている車両は、多分操車場に入らないまま夜を明かしたものだ。

この日架け替えられたのは、大崎広小路五反田高架であって、五反田大崎広小路高架ではないので、この車両が架け替えられた高架を渡り初めすることはなかった。だが、やがてこの高架を渡ることになったはずだ(04:26)。
日曜の朝4時過ぎに出歩くなんてことはまずないので、五反田駅の早朝はどんなものだろうか? なんてわかりようもないが、ありふれた朝がやってきたものと思えたのだった。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム