保線工事が予定時刻までに終わらず。

「やっぱり起きてしまいましたね」というしかありません。もともと鉄道の保線工事というものは、深夜の鉄道が運行しない時間に行うのが普通だが、与えられた時間がどれだけかをみると信じられないほど短い。

東京では深夜1時ぐらいまで運行され、5時になると運行が始まる。言い換えれば、運行していない時間は1時~5時の4時間しかないことになってしまう。

ぎりぎりの時間で可能な限りの工事を行うのが、鉄道保線工事と理解しているが、どうしても無理が生じてしまうのは否定できない。工事時間延長が拝島駅で今朝起きたが、起こるべくして起こったとするしかないと思います。





始発までに工事終わらず、JR青梅など3線で65本運休
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081203-00000014-yom-soci
12月3日11時9分配信 読売新聞

東京都昭島市のJR拝島駅で3日未明から行われた工事が長引き、青梅線が午前4時35分の始発から立川-青梅駅間で、五日市線が午前5時20分の始発から拝島-武蔵五日市駅間で、それぞれ上下線の運行を見合わせた。

青梅線と中央線の乗り入れも中止され、午前7時28分の運行開始までに青梅、五日市、中央の各線で計65本が運休し、約5万5000人に影響した。

JR東日本八王子支社によると、工事はポイントの保守のため、午前1時頃に始まった。始発電車の通過までに終える予定だったが、枕木や部品の交換などに時間がかかったという。

最終更新:12月3日11時9分


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道関連のニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム