★★473・08/08/01の市況

今日は、前日のNYダウの大幅安(▼1.78%)はあったが、ナスダック(▼0.18%)やS&P500(▼0.99%)はダウほど下げていない。
そんな状況なので、NY安の影響はそんなにないと考えられる。31日にピークを迎えた4-6月期決算の悪い数字や、業績予測の下方修正に引っ張られて推移した一日だった。

日経平均 13,094.59 ▼282.22
TOPIX   1,272.93 ▼30.69

今日は、朝の段階で悪役は三井住友FG(783千▼65千)だと思っていたが、本当の悪役はNECだった。
この思い違いは、単に31日のNECの決算発表を見落としていたのが原因でした。

引けではストップ安寸前(495▼98)となっているが、13時50分ごろにストップ安(100円安の493)をつけてからはたまに494以上をつけるもののほぼストップ安で取引され続けていた。

そもそもストップ安をウロチョロしたのは、4-6月期決算内容が悪すぎるせい。

 売上高  1兆12億円(対前年同期▼1%)
 営業利益 41億円(同▼64%)
 経常利益 71億円(同▼14%)
 純利益  4億8300万円(同▼50%)

売上高に比べて利益水準が低すぎるので、減益率の大きさは問題にしても仕方がない。
とにかく四半期で1兆円も売り上げがあって純利益が4.83億円は水準が低すぎ。仮に減益がなかったとしても9.73億円なので低すぎることには変わりはない。

来週8日から北京オリンピックが始まるので、NECのOGである栗原恵(バレーボールの日本代表)が現在所属しているパイオニアも調べてみました。
こちらも31日に4-6月期決算を発表しているが、こちらもよくない。

 売上高  1609億円(対前年同期▼12%)
 営業利益 ▼62億円(同13億円の黒字)
 経常利益 ▼56億円(同161億円の黒字)
 純利益  ▼77億円(同123億円の黒字)

パイオニアも大幅安(760▼84)で終日推移した。

上ではNECとパイオニアについて書いてみたが、とにもかくにも今期の業績下方修正が相次いでいることを反映した相場に終始した一日でした。
その一方で、下げた株から逃げた資金がディフェンシブ系に向かっているのも現実。JR西日本とJパワーを除いて、以下の銘柄は後場にやたらと買いを集めていたのが印象に残ってしまった。
【通信】
NTT(559千△6千)KDDI(628千△7千)NTTドコモ(1749百△300)
【JR】
東日本(859千△13千)西日本(510千▼2千)東海(1126千△28千)
【電力】
東京(2980△5)中部(2610△15)関西(2525△10)中国(2330△15)北陸(2635▼5)東北(2420△25)四国(2840unch)九州(2350△70)北海道(2300△25)沖縄(5630△200)Jパワー(4010▼180)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム