外貨への両替は、銀行より金券ショップがおトク

外貨への両替は、銀行より金券ショップがおトク

以下の夕刊フジの記事は、「へぇー」と感心してしまった。
銀行で外貨両替するより金券ショップを使うほうが手数料が安いのか!

ゴールデンウィークで海外旅行する人なんかにはいいかもしれませんね。

記事の中では新橋しか出てきていないが、金券ショップそのものがチェーン店化しているので、神田・新宿・大阪梅田みたいな需要が多そうなところでは似たようなサービスを展開していても不思議はなさそうです。

しかし、ドルとユーロを除くとあんまり期待できなそうな気がする。
また、外貨の需要の少なそうなところでは新幹線チケットやコンサートチケット融通程度に留まらざるを得ないので、あんまり期待しないほうがいいかもしれないことも付け加えておきます。



為替手数料が銀行より安い…金券ショップに円高特需
http://www.zakzak.co.jp/top/2008_04/t2008042249_all.html

2008/4/22 17:02

円高ドル安の進行に伴って、金券ショップがにぎわっている。円ドルの両替事業を行っているショップでは、円を売ってドルを買うお客が増え、為替手数料の収入が一気に増えているというのだ。プロ野球人気の低迷で、ドル箱商品といわれた巨人戦チケットも今一つ。業界では、新たな収益源としての両替事業に大きな期待を寄せている。

「数年前からドルと円の両替を始めましたが、訪ねてくるお客さんは1日当たり5人がせいぜいでした。目的は海外旅行や出張のために円をドルに交換する方がほとんど。それが円高になり、1日平均20人を超えるようになりました」

金券ショップが多く集まる東京・新橋の通称「チケットビル」(ニュー新橋ビル)。その一角に店舗を構える老舗店の経営者は明るくこう語った。

同店では1ドルが100円を突破した3月13日以降、数十万円単位で円をドルに換える顧客が急増した。

「ビジネスマンだけでなく、専業主婦のような50代の女性が50万円単位でドルに換えています。為替差益を狙って交換しているようで、3月は13日以降の2週間で50万ドル分が出ていき、ドルの在庫が底を突きそうになったほどでした」(老舗店の経営者)

最近は円高進行が一服した感もあるが、米国の景気に不透明感が増すなか、さらなる円高を予測するアナリストは多い。円高になればなるほど、安くドルが手に入り、その後、円安に振れた(ドルが高くなった)時点で手持ちのドルを円に換えれば、為替差益が生まれることになる。

ここで忘れてはいけないのは、通貨を交換する際に為替手数料がかかるということ。円とドルの交換は銀行などの金融機関でも行っているが、手数料は金券ショップのほうがはるかに安い。そのため、金券ショップにお客が詰めかけたとみられる。

そのあたりの仕組みを、市場の実勢レートが1ドル=97円のケースでみていくことにしよう。

金融機関では一般的に3円の手数料を乗せるため、100円で1ドルと交換することになる。一方、金券ショップの手数料は1円70銭が主流で、98円70銭で1ドルと交換できる。それぞれのレートで10万円をドルに換えると、金券ショップでは約1013ドルになり、金融機関の1000ドルより約13ドルの得になる。

逆にドルを円に換える場合も、金融機関の一般的な手数料3円より1円安い2円が金券ショップの主流。そのため、円が必要になった中小の貿易関連企業などが頻繁に金券ショップを利用するという。

市場規模1兆円といわれた金券ショップ業界も低迷が続く。日本チケット商協同組合(東京・新橋)の伊集院浩二理事長は「巨人戦チケットは過去、定価の5~10倍をつけたこともありますが、今は巨人×阪神戦などでもプレミアム(転売する際に定価に上乗せする価格)は低く妙味がない。また、高速道路などで利用できるハイウェイカードがETC(自動料金収受システム)にとって代わり、商材そのものも消えている」とこぼす。

そんななか、“救世主”となりつつある円ドルの両替事業。伊集院氏は「当組合に登録する全国約560店のうち、両替事業を運営するのは約60店。今後、新たな事業の柱として検討する店は増えるでしょう」と話している。

ZAKZAK 2008/04/22

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 節約
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム