★★381・08/06/11の市況

今日の東京は、寄りから高くはじまった。日経平均・TOPIXとも前場の後半はマイナスに転じる場面があったが持ち直し、結局高く引ける形になった。

日経平均 14,183.48 △162.31
TOPIX   1,390.03 △6.83

今日は主力株に買いが集中した感じがあって、ジャスダックはパッとしない。
今日の上げの本質は、ドル高メリット株が上がったのが中心ということになる感じになった。日経平均がドカンと行っているように見えるのは、日経平均寄与度が高い株の比重が高いから。ホンダ、キヤノンなどが高いからと言えば話が片付いてしまう。その一方で金融・不動産はパッとしない1日だった。

そのほかでは、第一三共がインドのジェネリック医薬品を展開する製薬会社・ランバクシーを買収することが14時に出てから急騰したということがあった。終値で2975△140。買収による増収効果は期待できるが、現在の売り上げベースで考えれば5%も値上がりするほどランバクシー社に利益があるのかは疑問に思えるところ。スピード社の水着代理店のゴールドウィンがストップ高を続けるよりはまともとはいえ、ちょっとやりすぎの感じを受けてしまう。

第一三共、インド製薬最大手を買収 後発薬に本格参入
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080611AT1D1101E11062008.html

第一三共はインド最大の製薬会社、ランバクシー・ラボラトリーズを買収する。TOB(株式公開買い付け)で過半の株式を取得する。買収総額は3000億~4000億円程度になる見込み。ランバクシーは世界約50カ国で後発医薬品(ジェネリック医薬品)事業を展開している。日米欧各国は医療費抑制のため、後発薬の普及を促している。第一三共はランバクシーを傘下に収め、世界規模で需要の広がる後発薬市場に本格参入する。

11日午後、発表する。ランバクシーはインド・ムンバイ証券取引所などに上場しており、第一三共はTOBで50%超の株式を取得する。ランバクシーの2007年12月期の売上高は約1800億円。買収により第一三共の連結売上高は1兆円を超え、武田薬品工業に次ぐ国内2位に浮上する。 (16:01)


★送料無料!★第一三共ヘルスケアから新発売!★NFカロヤンガッシュ 240ml ×2本【医薬品】お得な2本セットで長く使えます!

ここのところ、世間の関心は秋葉原の無差別殺傷事件に向きがちなのは仕方がない。被害者はもとより、被害者の関係者、犯人の両親や学生当時の行動、その場に居合わせた人がどんな行動を取ったかも徐々に表に出てきている。11日の毎日新聞では、たまたま居合わせた徳島の産婦人科医の話が取り上げられている。徳島の産婦人科医については、http://browneye.at.webry.info/ に改めて書くことにします。

水野晴郎さんが昨日なくなったことがわかりました。このことを載せてこの稿を終わりとします。合掌。

映画評論家、水野晴郎さん死去
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080611-00000920-san-soci
6月11日12時39分配信 産経新聞

映画評論家の水野晴郎氏が10日午後3時5分、肝不全のため東京都内の病院で死去した。76歳。岡山県出身。
水野さんは2歳で旧満州に渡り終戦を迎えた。1946年に引き揚げた直後に両親を失ったが、幼かった弟3人と妹1人の面倒を見ながら昼間は郵便局や本屋に勤め、夜は定時制高校に通った。
「風と共に去りぬ」や「カサブランカ」などの洋画に魅せられ、56年に上京。洋画配給会社「二十世紀フォックス」に入社し宣伝部長を務めて72年、独立し洋画配給会社「IP(インターナショナルプロモーション)」を設立した。
その間、慶応大学国文科を9年がかりの通信教育で卒業。71年10月から日本テレビ系「水曜ロードショー」の解説を担当。83年6月の参院選には新自由クラブ民主連合の名簿第3位で立候補したが、落選。記者会見で「いやぁ、選挙って奥行きの深いもんですね。厳しいもんですね」の名セリフを残した。
95年には念願だった初監督作「シベリア超特急」の製作を発表。自らは山下奉文大将役で出演。特急列車内で起こる殺人事件をサスペンスタッチで描き、山下大将が犯人を突き止めていく。娯楽作品だが、ところどころに反戦平和を訴える監督の思いが挿入されている。同作は「シベ超」の愛称でシリーズ化され、列車が動かない、安っぽいなどの批判が渦巻いたが、その一方でカルト的な人気を誇り、05年8月には石川県のローカル線「のと鉄道」に「シベリア超特急号」を走らせ、監督も乗車。長年の夢をかなえていた。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム