JR上越線・沼田駅の真上の歩道橋(跨線橋)から撮影した、水上行国鉄115系車両

別に大河ドラマ・真田丸で取り上げた沼田城には興味もなく、尾瀬にも向かわなかったのだが、タモリのエピソードを知ったのをきっかけに、JR上越線沼田駅(群馬県沼田市)へ向かうこととなった。

福岡県立筑紫丘高校での授業で使われた地学の教科書の「河岸段丘」に魅せられ、1964東京五輪の翌年、早稲田大学入学のために上京して間もなく、上越線に乗って国鉄沼田駅へ向かった。

このエピソードはNHK総合のブラタモリ、テレビ朝日のタモリ倶楽部で触れられている。

秋分の日・土曜日の間の2016年9月23日、JR沼田駅に行った。正面の駅舎からすんなり…では面白くないので、反対側(ハローワーク側)にも行った。
ハローワーク側には駅の出入り口はなく、正面から歩道橋(跨線橋)を渡って向かう以外にない。

その歩道橋を一回渡った後の、戻る途中で(定刻通りならば15:22発)の普通電車がやってくることが、スピーカーから流される案内音声からわかった。
そこで、歩道橋上から高崎方向にカメラを向け、動画撮影を始めた。やってきたのは、濃緑に橙(黄かん色)の国鉄115系電車・6両編成だった。

ホームに入線、停車。40秒ほど停車したのち発車。
たぶん、いつものように、水上駅へ向けて進んでいった。

後半で映る電波塔のようなものは、JRのものでもなければNTTのものでもなく、東京電力渋川支店沼田制御所のもののようです。





自分の意識で「教科書に載せられた地形」となってしまうと、ブドウ産地として名高い、山梨県勝沼町の扇状地になってしまうとか…そんなことはどーでもいいですね。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム