青春18きっぷのヘンな利用法

今年もまた、青春18きっぷの季節となってきました。
この切符は、一般的には長距離での各駅停車(快速は含む)の利用を考えがちですが、実は1150円以上の往復を5回以上するような人にも使える切符だったりします。

旅行でなくても、出張や夏期講習用などにも使う意味が出てきそうです。
そちらの使い方を書いてみることにします。

○同じ日に片道1150円以上区間の往復をする場合
 →結果的に普通電車で5日往復するのであれば、元が取れてしまう
 (片道1210円)
 大阪=和歌山
 (片道1280円)
 木更津=東京、国府津=東京、土浦=新宿、大月=新宿、加古川=大阪、小山=池袋
 (片道1450円)
 本庄=高田馬場

また、一般乗車券にあるような途中下車の制限に引っかかることもないので、同じ区間を何往復しても問題ありません。

  • 一般乗車券では片道100km以上でなければ途中下車できないが、青春18切符は片道何kmでも可能

  • 一般乗車券では空白や重複を生じさせることは認められないが、青春18切符は問題なし


さらに、券面は11500円で、5日間乗車可能となっていますが、子供料金適用者でも使えるので、区間によっては有効となります。
 東京=静岡(子供料金1630円)、静岡=名古屋(同1630円)、福井=大阪(同1630円)、東京=上諏訪(同1780円)

なお、有効期限は「平成20年7月20日~平成20年9月10日」となっているので、この点にはお気をつけ下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム