三陸をみちのくひとり旅した時の遠い記憶

東日本大震災では、青森県八戸市から福島県いわき市までの太平洋沿いが、軒並み津波で踏み潰されてしまった。

日本を潰してしまうとしても大げさではない福島第一原発のレベル6放射能漏れ事故が余りにも大きすぎるので、ほかは見失いそうになってしまうが、亘理町、名取市、仙台市の海岸沿い、南三陸町志津川、気仙沼、陸前高田、大槌町などの被災も酷い。





一応、47県踏破した自分は、その被害に遭ったところにもかつて行ったことがある。2006年9月のことである。4日がかりで。

  1. 八戸→青森→大館

  2. →能代→秋田→(高速道路でワープ)→仙台→多賀城

  3. →松島→石巻→釜石

  4. 国道45号線伝いで宮古、久慈、八戸へ


と、当時東北新幹線終点の八戸駅に前日入りし、その後は北東北一周の様な車での移動だった。

本来なら、秋田から多賀城への高速道路移動はやらず、3日目は秋田→盛岡、4日目は盛岡→八戸の行程を予定していたが、秋田でホテルが取れず(なにがしかの学会か、国体が原因か)、やむなく仙台市郊外の多賀城へ一気に移動し、その後は45号線の行程となった。

細かい行程までははっきり覚えていないが、被災地になってしまったところが行程に含まれていることは紛れもない事実で、塩釜の新浜町、港町、南三陸町志津川、陸前高田、大槌町、山田町などが含まれている。

2006年9月8日金曜日、岩手県内の釜石より北だったと記憶しているが、簡易郵便局の窓口に座るおじいさんが、「一度はプリウスに乗ってみたい」と言っていたのを思い出してしまった。当時のプリウスは、「加速はいいけど、高速道路での走行には適さない」ってものだったので、そのことを話したのも思い出した。
郵便局のHPからそれらしきところを探したら、釜石市片岸町の片岸簡易郵便局のようですが…
そこは、壊滅的な被害を負った大槌町と同じ、大槌湾に面しているのである。

そこは海岸に近いところなので、まともに行けば津波に洗われてしまったと想像できてしまう。存命であれば、無事であればいいんですけど。

それから、もっと前になるが、盛岡→宮古→気仙沼→一関を丸一日かけて鉄道に乗ったことも。JR山田線、三陸鉄道南リアス線、JR大船渡線がその経路。かなり記憶は薄くなるが、海側はすぐ海岸線って感じだった。この間に、津波に巻き込まれてしまった車両が走っていたところも含まれる。

そんな記憶もあるので、街ががれきの山となってしまったのは見ていてつらかった。
だが、ある規模以下の集落では、集落を高台の上に移動させるなどして、被災現場は放置することになると想像できてしまう。

直感的に思ったのが南三陸町志津川。漁港の復興と、新集落と漁港を結ぶ道は整備されようが、それ以外は高台に全て移転へ。現在の国道45号も移設されるだろう。陸前高田も似た扱いに。集落と言うには大きすぎるが、市街がほぼ全滅なので、被災地を復興するより手早いのかもしれない。

神戸のように、被災地を区画整理し、再開発するなんてことはありえない。なぜなら、津波がやってきてしまっては元の木阿弥なんですから。

JR山田線、三陸鉄道南リアス線、北リアス線、JR大船渡線はわかりかねるが、JR気仙沼線は復興に伴う新市街の移転と、住民の移転が相次ぐことが確実な上、鉄道を再敷設しても採算性が厳しいことが予測できてしまうので廃線となっても驚けない。

地震の影響は、こんなところにも押し寄せるのかと思わされたので、書いてしまいました。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 岩手県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム