折り返しで函館に向かうワンマン気動車@JR江差線(津軽海峡線)上磯駅の写真と動画

JR江差線(津軽海峡線)の上磯駅について、ホームには立たなかったものの、駅の周りから写真をけっこう撮ったものだ。

たいていの場合、駅舎だけを撮影して終わってしまうのであるが、ここではちょうど函館=上磯間を往復するワンマン気動車に出くわす形となったので、長居してしまった。

線路に対して左右対称構造の駅舎については、既出なので改めて取り上げない。
定刻・11:37からちょっと遅れて11:40に到着し、定刻通りの11:46に折り返しで発車したワンマン気動車写真動画となります。





上磯駅到着です】



南口ロータリーから写した。
一番手前の1番ホームに入線してくる際の写真である。

実際には、デジカメの連写モードを使って撮影しているので、連続写真となっているのであるが、全て並べても仕方がないので、ピックアップして掲載した形だ。

なお、連写モードが途中で終わってしまってから、改めて連写モードで撮影した形になっています。

【停車する車両を反対側から】

ワンマン気動車到着後、線路をまたぐ橋上駅舎の通路を渡って、北口へ出た。
気動車が停車する線路上ではないが、線路の上に架線が貼られているのも映っている。

【橋上通路から】

ワンマン気動車を上から写した形となる。
1番ホームは、函館方面折り返しのワンマン気動車専用なので、電気機関車の走行に必要な架線は張られていない。

【後から前から、どうぞ】


南口ロータリーで、立ち位置を変えて写しただけ
1両編成の鉄道車両なので、基本的に左右対称だから、今にして思えばあまり意味がない。

【ホームから発車後の動画

到着時の撮影は写真モードだったが、出発時は動画モードにした。
気動車がだんだん小さくなり、通過待ちの踏切が開いたら対面通行の道を自動車が走った。
気動車が見えなくなった後、アングルを左に回して、駅名標を映して動画終了。

撮影した時点では何とも思っていなかったし、気づきもしなかったが、次の「清川口」の名前は記されている一方、手前にあたる「茂辺地」は記されていない。

このワンマン気動車が折り返したホームは、函館折り返しの気動車専用なので、茂辺地には向かわないので当然と言えば当然だ。

架線が真上を走る線路は折り返しではないので、ホームの駅名標には「茂辺地」も記されている。





上磯駅について、3記事編成にしてしまいましたが、以上です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム