商工会館の一室扱いになるのが近い、JR江差線上ノ国駅

デジカメで写した写真のタイムスタンプから、JR江差線の桂岡駅を後にしたのが12時15分頃で、上ノ国駅に着いたのが12時40分のちょっと前とわかったのだが、どうしてその時間になったのがの理由が、すぐには思い出せなかった。

桂岡駅から道道5号線を道なりに進んで上ノ国駅方向へ進み、国道228号線の交差点を右折すれば上ノ国駅の前に着けるのだが、渋滞や交通規制に全く引っかかった覚えもないので、鉄路で5.3kmの間をクルマで移動するのに25分も要するはずがない…

なぜ25分も掛かったのか…なんとか思い出して、理由を紡いでいった。

①予めインターネットで江差線の時刻表をチェックしていた。上ノ国駅に列車が到着する時刻を紙にメモしたものを携えていた

②その紙では、上ノ国駅を12時47分に発車する江差行の列車があることも記していた

③桂岡駅から上ノ国駅へ直行しなくてもいいので、国道228号線交差点を左折し、上ノ国勝山簡易郵便局へいったん向かった。

④上ノ国勝山簡易郵便局に行った後、国道228号線を引き換えし、上ノ国駅の前へ。駅のすぐ前に車を停め、下り列車の到着を待つため、ホームへ直行した。写真を撮ったのは12時39分だった。
 
こんな感じである。

この北海道旅行での、当初の最大目的は

「JR上ノ国駅に到着し、発車して行き過ぎる車両の映像を映すこと」

だった。

それにしても、インターネットの登場によって、下調べがラクになったものだ。

時刻表を調べるのは、今ではインターネットに接続できる端末さえあれば、あっさりできてしまうのですから。

これが、インターネットが登場する前(約20年弱前)だったら、駅のみどりの窓口か、図書館かに行くか、本屋で買うか…時刻表を見る手間が恐ろしく掛かったものだ。

普通は、途中の上ノ国駅より、終点の江差駅に行くんじゃないかって?
これもインターネットの下調べから、江差駅が有人駅であるとわかったため、入場券(160円)を買わなければいけないと早合点した(セコいぞ)ため、「江差駅に到着するor江差駅を発車する」映像を撮るのを断念し、無人駅の上ノ国駅で映像を撮ることを決めていた形だ。江差駅は駅舎だけを取ればいいさ。

なお、インターネットで採れた情報と、それで決めていた事項はここまで。
現地で江差行の列車の到着を待っていたら、スピーカーから到着が遅れる旨の放送が流れてきた。
いくらインターネット接続が可能なスマホを持っていて、上ノ国駅で「圏内」だったからと言っても、遅れが10分強ぐらいでは、いちいち載せてもいられなければ、スマホ程度でチェックしようなんて気も起きやしない。

駅の待合室やホーム、一応…程度に設置されている踏切あたりをウロウロしながら、やってくる列車を待った。

以下は、その際に写した写真になります。







まず、"玄関"を抜け、ホームに急いだ。
撮影地点は、ホーム上の江差寄りだった。

真向いのホームらしき塊のところは、塊の上どころかレール上まで雑草が生い茂る始末だ。
普通ならば「このくらいの管理もできていないのかよ」となるが、真向いは使われなくなったまま朽ち果てただけなので何とも言えない。

「線路内立入禁止」の立て看板が意味するところは、普通に考えれば、並行する2組の線路となってしまう。
この看板では言葉足らずだが…細かい事は言いますまい。


駅名標は、この駅でも風雪に洗われていた。

駅名標を写した後、スピーカーから「到着が15分ほど遅れる」みたいな事が流された。
後で調べたら、12時47分に到着予定の、函館発江差行の普通列車が、途中での特急通過待ちの影響で、15分ほど遅れた形だ。

15分も待つのも癪なので、待合室に一旦入った。
そこで、「記念スタンプ」を見つけた。
クルマに戻ってノートを持ちだし、ノートに記念スタンプをしっかりと押すことまでやってしまった。



待合室には3種類のスタンプが置いてあった。

①「北海道発祥の地 上ノ国」
②「KAMINOKUNI Milky Moumtain」
③「よくわからないロゴ」

一つ目は説明無用だ。

二つ目は「待山」「房山」「の山」とか…「なんとか山」でもあるのかと地図を見たが、上ノ国町に「」のつく山なんてない。
なんで…と思ったら、町内を流れる「天野川」を「天の川」に転じさせて英語に当てはめたら「Milky Way」だから「Milky」…「白金台」を「はっきん・だい」と読んで「プラチナ+ヒルズ」とする程度より何倍もわかりにくい。

三つ目…赤いスタンプの物は「上」の字をデザインしましたってことはわかったが、町章や校章ではない事もわかったので何者なんだろうか? わからない。

左上のスタンプは、右下のスタンプと同じものだ。
押すのを失敗してしまったので、右下に押し直した形だ。





スタンプ台を見つけたので、駅舎前に止めたクルマに戻った際、ついでに駅舎を写してしまった形だ。
「駅舎」としてしまっているが、実態は「上ノ国町商工会館の一部が駅の待合室」となっている形だ。

写真を引き伸ばしてみたら、リアル過ぎる張り紙が待合室「玄関」にあるのを見つけた。

当駅利用時間

当駅の利用時間は
 午前6時30分開錠
 午後9時45分施錠
       です。

従いまして、ツーリング等
で、宿泊目的で当駅に来場
されました方は、早めに次
の目的地まで移動される
事をお勧めします。

確かに、商工会館に寝泊まりされたら迷惑だわ。
民宿や旅館にでも行きやがれ、と暗に言っているようなものだ。

当然のように、2014年5月11日の午後9時45分を以って「待合室」として使うことはできなくなる。



鉄道車両が停車するホームの反対側から。
撮影場所は、使用されていない線路の手前なので、問題はない。

この写真を写した場所で、中須田駅からやってきて、停車して、江差駅に向かうまでのワンマン気動車の映像を写したのだった。

この映像云々については、以下をご覧下さい。
http://platinumhills.blog42.fc2.com/blog-entry-1861.html

この北海道旅行での、当初の最大目的であった「JR上ノ国駅に到着し、発車して行き過ぎる車両の映像を映すこと」を終わらせ、国道228号線経由で江差駅へ向かった。

「当初の最大目的」は、江差駅に着いた後に「ナンバー2」へと格下げしたわけですが…
江差駅は別途ということで。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム