新幹線と引き換えにJRから第3セクターへ、江差線木古内駅の駅舎

2014年3月で営業終了となる知内駅、「北斗函館駅」を叫ぶ北斗市役所…
と書いたら、北海道新幹線云々を書かないといけませんわね。

木古内駅のあたりに行っているので、書こう。

ただ、行ったのが半そでシャツで過ごせた時期で、今はコートがないと耐えられない真冬日。
なんだか違和感が。

ビミョーなことが記憶の彼方へ行ってしまい、内容が薄くなるのはどうにもならない。







まずは遠景から。
立派そうな駅のように写っている。

駅前はガラーンとしていた。
右手には広々とした駐車場。
左手には平屋建ての郵便局。

工事中の高架と、街並みがサッパリ合致しない。
人口が5000人を切ってしまった町には、これでも立派過ぎる駅である。



北の大地の始発駅」の看板があった。
津軽海峡線の事実上、北海道最初の駅だ。

かつては松前線と江差線の結節点、海峡線の開業後は「北の大地の始発駅」と交通の要所扱いだ。

でも、力無い。

北海道新幹線が開業したら、津軽海峡線の特急・急行の客がいなくなり、函館発各駅停車の客しか駅舎を行き交わなくなり、人の数が激減するので、力が入りようもない。

JR北海道は、2016年3月に第三セクターに転じる駅に重点を置かない。

木古内町も裏手に建設中の北海道新幹線木古内駅に意識が向かっている。海峡線が北海道新幹線に置き換わっても「北の大地の始発駅」の位置付けに変わりはないので、JR北海道に請願するとも思えない。そのままで構わない。

建物の中でも

北海道新幹線木古内駅平成27年度開業

新幹線ばっかりなので、しょうがない。

なお、海底駅を除くと、知内駅が現実の最初の駅だが、1日上り下り各2本しか停車しないので、知内駅に「北の大地の始発駅」とやってもあまり意味をなさない。



待合室にて。
平日の真昼間だったので客が少なかったのかもしれないが、ガランとしている感が否定できない。
それでも、特急の到着を待つ人がいたので、無人とはなっていなかった。

2013年9月10日には、上り線・下り線の電光掲示板にちゃんと表示されていた。
左は下り線の「函館・上磯方面」、右は上り線と限定できない、函館から離れる方面の「青森・盛岡・大阪方面」「湯ノ岱駅・上ノ国・江差方面」の電光掲示板が。

だが、2014年3月15日のダイヤ改正で「トワイライトエクスプレス」が廃止されてしまうので「大阪」の文字が無意味になってしまう。
2014年5月11日の上ノ国=江差間最終列車が走り終わったら「湯ノ岱駅・上ノ国・江差方面」の箇所にテープが貼られて見えなくされるだろう。

青函トンネルで北海道新幹線向け架線工事が始まる前に、「白鳥」「スーパー白鳥」の特急も廃止にせざるを得ない。
特急が廃止されたら、函館行きの各駅停車列車が最大で1日9本(※)。経費削減のため、電光掲示板の灯りは灯さなくなるような気がする。撤去するかどうかは、JR北海道か、第三セクターの意向次第だ。

鉄道部品として電光掲示板が出品されるか? それはないと思う。
ネームプレート、ナンバープレート、方向幕のように分かり易くなく、SL車輪のように象徴にもならない。かさばる。買い手が見込めなさそうだから、仕方ない。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム