羽田空港発の成田エクスプレスが実現するかもしれない

このブログのアクセスログを見ていたところ、

「成田線 東北縦貫線」の検索フレーズが見つかった。

なるほどね…と思った。

建設中の東北縦貫線と、構想段階の羽田空港新線を合わせると、羽田空港=成田空港直結鉄道ができるんじゃないかと。

その辺の経緯はややこしいので、説明に入ります。

【経路について】
11月9日、JR東日本が「東海道貨物線」の一部線路を流用し、田町駅付近から接続線を建設して、都心=羽田空港の新線を作る検討に入ったと報じられたばかりである。

田町駅=品川駅間で、線路を敷設するスペースがあるところは、田町駅=札の辻陸橋の間ではなく、札の辻陸橋=品川駅の間だ。陸橋を過ぎて品川駅方向に少し進むと、接続線のためのトンネルを掘れそうな場所となるので、そこからトンネルを掘っての形となる。

このトンネルが横須賀線とつながるとは考えにくい。
従って、横須賀線東京駅経由の成田エキスプレスが、羽田空港新駅発になる事は考えられない。

しかし…「成田線 東北縦貫線」ならばできない事はない。推定は以下の感じ。

羽田空港新線=東海道線=東北縦貫線で上野駅へ
②東北線上野駅のホームを出た後、常磐線の線路に乗り入れる
常磐線で我孫子まで。成田線へ乗り入れて成田駅を経由して成田空港駅へ

現在ある成田エクスプレスは、大宮発、大船発、高尾駅発とも品川駅で横須賀線の線路に入線し、そのまま成田空港へ向かうよう設定されている。

新設が検討される羽田空港新線が、横須賀線につなげられるのであれば、大宮・大船・高尾発の既存路線と並べて考えられるのであるが、工事そのものがムリそうなので考えられない。

その一方、①~③だったら、羽田空港新線ができれば十分に可能だ。
従って、羽田空港発常磐線経由の成田エキスプレスが実現できると考えられてしまう次第です。

それから、成田駅の配置はスイッチバックをしなければならない線形となっている。
京成電鉄成田湯川駅あたりから、成田空港高速鉄道につなぐまでの短絡線をJR東日本が建設するかもしれない。

【停車駅】
羽田空港新駅-東京駅-上野駅-(北千住駅)-(松戸駅)-(柏駅)-(我孫子駅)-空港第2ビル駅-成田空港
京成スカイライナーと競合しにくいような停車駅設定とするだろう。日暮里駅に停車しても、時間でも料金でも太刀打ちできないので、停車するとは考えにくい。北千住、松戸、柏、我孫子駅はいずれも中距離列車停止駅で、北千住~我孫子間の各駅停車しか停車しない除く。

【既存成田エクスプレスへ影響】
申し訳ないが、ほとんどの場合がガラガラ。
乗車率を上げないとどうしようもない。
羽田空港-成田空港直通の成田エクスプレスが運行を始めると、大宮・高尾・大船発のものは減便を余儀なくされると考えられる。とくに、大宮・池袋で京成スカイライナーとの競争に勝てない大宮発が最右翼だ。

以上、妄想でした。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道関連のニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム