「JRで行く伊勢神宮」by JTB…東京では通用しても、名古屋・大阪じゃあ通用しない

夏休み最後の週末、JTB格安ツアーのテレビCMを打っていた。この件は東京目線でのお話です。

綾小路きみまろの漫談に行きそうな世代をターゲットに…決め付けてはいけない。橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦、八代亜紀、都はるみ、由紀さおり、井上陽水、吉田拓郎、南こうせつ…に置き換えても構わない。ひょっとすると、サザンオールスターズや山下達郎でも通用してしまうのかもしれない。

中身はよく覚えていないが、お安めのツアー宣伝だった。
台湾がいくらとか、北海道利尻・礼文がいくらとか…ふーんと思ってみていたが、一つだけダウトが。

JRで行く伊勢神宮2日

東京目線で考えれば、「新幹線はJRでしょ…」程度で終わるが、名古屋目線では違和感を持たざるを得ない。まして大阪目線では…

勝手に仮説を立ててみた。

一般的に、東京から伊勢神宮まで「JRで行く」ツアーならば、

東京から東海道新幹線で名古屋へ。何も考えずに「のぞみ」に乗る
名古屋から気動車・快速みえ号で伊勢市駅へ
そして、徒歩で外宮へ
外宮からバスかタクシーで内宮へ
ホテルもセット

となるはず。

しかし、一般に「JRで行く」なんて考えにくいのである。「JRも使う」パターンになるはず。
JR東海の窓口では、「伊勢神宮へはJR伊勢市駅に行くのがいい」って言い方をするように教育されているはずだが、JR東日本では「伊勢市駅」と言わないと「名古屋から近鉄で宇治山田駅へ」とやられるかもしれない。

名古屋から伊勢への鉄道の運行本数は完全に近鉄の圧勝。
「JR日光線」をあきらめ、「東武鉄道」に軍配が上がったのと似た構図が、伊勢にもある。

大阪から伊勢…JRなど選択肢にない。

JRみどりの窓口か、JR東海の窓口にでも行かない限り、「JRで行く伊勢神宮」は「青春18きっぷ」でもない限り、ほぼありえない世界である。だから、JR東海がJTBに営業を掛け、「近鉄(名古屋線+山田線)に流れそうな客をJR東海(関西線+参宮線)に乗せる」ようにした結果が、「JRで行く」伊勢神宮ツアーになってしまったんじゃないか…これは、テレビCMの情報だけから考えた事です。



でも、JTBの実際の行程は、「JRで行く」に間違いはないが、「JRとツアーバス」の混成だった。

「JRで行く」って言い方から、東京から伊勢市駅までJRで行くのかと思ったら、お門違いだった。「JRで行く」のは、こだまで豊橋まで。豊橋から伊勢神宮まではツアーバス。
客が「ひかり」「のぞみ」より相対的に少ない「こだま」を使うので、JR東海が指定席を安く提供するのでお安いですよ…ってお話。

それから、名古屋=伊勢間で近鉄を使わないので、鉄道では「JRで行く」が成立する、実にいやらしい、紛らわしいネーミングとなってしまう。

JRのみどりの窓口だったら、豊橋からバスで伊勢神宮なんて、絶対ありえない。

安いのにはちゃーんと訳があったと言うことでした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム