「栄光への架け橋だ」と言われる前から…中央西線千種駅

ただでさえ酷暑に見舞われた2013年8月の日本列島だったが、その中でも酷暑に見舞われる名古屋に行ってしまった。

夏休みの真っ最中だったので、少しは子供の声が聞こえてきそうなものだったが、聞いたのは子供を集める施設だけだった。外出を控えたのは大人だけでなく小中学生まで…

そんな中、名古屋駅から広小路づたいに千種駅まで歩いてしまった。

ヒルトンホテル、セミが近くで鳴く三井住友銀行、デパート丸栄、デパート三越、CBCテレビ・CBCラジオの本社…中心部は途中まで。千種駅前はもう名古屋市の中心を外れている。

とりあえず、JR千種駅の駅舎に向かった。何の変哲もないこじんまりとした駅だった。
駅前ロータリー…なんの変哲もなかった。

周りを見回したら、予備校の類がやたらとあることに気が付いた。
そのあたりの写真をひたすら並べます。



【駅舎】


何の変哲もない。だだっぴろい駅前ロータリーもガランとしていた。
それなりの駅なので、東京人的にやってしまうと「駅ビルを建てなかったの?」って疑問が起きなくもないが、今となっては「駅前開発の失敗例」に名を連ねずに済んでよかったとなる。

岐阜駅や桑名駅と並べられないでよかった。





駅前ロータリーにて周りを見渡すと、やら予備校やらが目に付く。
秀英予備校、浜学園、河合塾と。うーん。

秀英予備校は静岡市に本社がある東証一尾上場企業。
浜学園は西宮市に本社がある株式会社。
河合塾千種駅前が本部の学校法人。

※蛇足です
河合塾では、4月入学の大学受験科生徒に通学定期券を買う権利が与えられる。9月入学の生徒ではほとんどムリだが…

秀英予備校、浜学園は株式会社なので、通学定期券を買う権利は与えられない。



通信制高校の第一学院も近くにキャンパスを構えている。
通信制高校と「高認」予備校が同居しているので、やら予備校やらとごちゃまぜにしたくなる。

通信制高校では通学定期券を買うことは可能な一方、「高認」予備校は不明だ。

ちなみに、2013年8月時点で過去5年間に名古屋大学、東京大学、京都大学への合格者はいない。

栄光への架け橋だ】



千種駅について、一番書きたかったのは歩道橋のことだ。
予備校がミョーにめにつくなぁ…と炎天下の中で思いながら、周辺を見回していたら

河合塾千種ビクトリーブリッジ

が目に飛び込んできてしまった。
気が付かなければ、「河合塾に行くための歩道橋だろ」で終わってしまうが、頭に

栄光への架け橋だ!

の有名すぎる実況中継(※)が頭をよぎってしまい、ただでさえ炎天下で頭がクラクラしそうなところに、クラクラが強くなってしまったのだった。

※NHKの刈屋富士雄アナウンサーが、2004年のアテネオリンピック・体操競技で富田洋之選手が鉄棒競技フィニッシュの際、「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ!」と実況したこと

よくよく考えれば、ビクトリー(victory)は勝利、栄光はgloryなので、「栄光への架け橋だ!」とするのは的外れなのだが、河合塾に無縁だった頭ではクラクラするしかなかった。

名古屋大学、東京大学、京都大学…の合格は「ゆず」れないなどと、しょーもないことまで頭を掠めた情けなさ…

サイモン&ガーファンクルの明日に架ける橋(Bridge Over Troubled Water by Simon & Garfunkel)まで頭を掠める始末だった。

ここまでは名古屋で思った事。
この項を書くために、ネットで調べ事をして行ったら、「ビクトリーブリッジ」命名と「栄光への架け橋だ」には何の関係もないと分かった。

ウィキペディアの河合塾の項に以下の一文があった。

名古屋市が2011年に募集した歩道橋のネーミングライツに応募。本部につながる歩道橋の名前を「河合塾 千種ビクトリーブリッジ」とした。歩道橋自体はネーミングライツ設定以前の1987年に竣工し、当時から河合塾ビクトリーブリッジと呼ばれ、建築費用も河合塾が負担し市に寄付した形になっている。

歩道橋の塗装が新しかったので、「あの中継かよ」と早合点してしまったが、「あの中継」の17年前から言われているものをそのまま使っただけだった。駅の反対側は河合塾の本部である。

敢えて刈屋アナとこの橋を結びつけるとすれば、大相撲名古屋場所を中継するための出張で、この場に訪れた可能性があることぐらいだ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム