★★1841・10/09/10の市況

小沢一郎、北海道で馬脚を現す。
きのう、札幌の大通公園での立会演説会で、政治活動に動いてもらいやすい土建業の人に受けがいいことを、抜け抜けとほざきやがった。

『高速道路の整備を』の発言がそれに当たる。確かに、現在札幌から道内第二の旭川へは高速で行けるものの、第三・第四・第五の函館・釧路・帯広には高速だけでは行けない。だが、『高速道路を』は未開通の国道を、港湾を、空港を…につながり、「集中と選択」ができなかったばかりに過剰投資の負担に泣き、ソウルの仁川空港や釜山港に客や物流を取られる有様の二の舞になりかねない。
その轍をまた踏ませる気か? ふざけんな。
高速道路の建設進捗具合から考えれば、函館と帯広は直結した方がいい形になってしまった。帯広へは、恐怖の暴走地帯「日勝峠」があるため、余計にそんな形になる。しかし、釧路までは疑問だ。釧路近辺の国道38号線高規格化と、冬季路面凍結対策をきちんとやればなんとかなるんでないかい???
現に、高速道路なんて頭にないころに計画された国道274号線(札幌市=川上郡標茶町)は、暴走地帯を過ぎた十勝の清水町国道38号交差点以東は重要性がドスンと低くなるので、未開通区間が普通にあり、着工される気配がないのが実態である。

注)白神山地を貫く秋田・青森県道計画や、尾瀬ヶ原の湿原を貫く国道401号線計画のように、自然を守るために計画そのものがなくなったわけではない。

日本政府が景気対策を採って、雇用の拡大や所得増大を図らんことにはどうにもならないのは間違いのないことだ。いま起きている貧困問題や晩婚少子化問題、無縁社会問題は、失われた20年(Lost Two Decades)のデフレ経済、縮小経済がもたらした面もあるのですから。

日本政府がやるべきことは、大きな政府ではない。巨額な財政赤字をさらに拡大させ、財政破たんに追い込まれたらどうにもならないことを理解できていないようだ。

投資対効果を考えて政策を打たないと、ただの浪費で終わってしまう。政局ばかりに気を取られ、実際の政策をやってこなかったものの悲劇でもある。

一方、厚生大臣、財務大臣を歴任してきた菅直人の方は、投資対効果のことを理解しているようである。実効性はともかく、内容ははるかにまともだ。日本にどうお金を落としてもらうかを、北海道を舞台にした中国映画を例に話していた。『冬のソナタ』でおばさまたちが韓国詣でしたことに似ている。

ハードだけで経済対策を、なんて古い。体力がどんなにあっても、制御する頭脳がなければムダ働きになりかねない。小沢氏の豪腕とは、そんなことも意味してしまうように思えてしまう。「しくみ」とかつて演説したあなた、構造設計が間違ってますよ。必ず最後には勝つって、KANの唄だけで十分です。

【小沢一郎演説の抜粋】
さらにまた私たち民主党政権、「コンクリートから人へ」とそう言われております。この理念は正しいものではありますけれども、しかしだからと言って、生活のインフラ整備をやらなくともいいということではないと私は思っております。たとえば、みなさんも渇望しております新幹線、あるいは高速道路のネットワーク、私はこれは全国的に早期に整備をしなければならない、そのように考えております。特に高速道路につきましては、一般道路はかなり欧米に比べても良くなってます。一番日本で足りないのは、そういう高速道のネットワークであります。

【菅直人演説の抜粋】
いまここにメモを取ってきました。非誠勿擾(フェイチェンウーラオ)、ご存知ですかこれ。いま北海道の道東を舞台にした中国で放送、放映されている大変人気のある映画なんですね。いま、中国からのお客さんが、この北海道にもだいぶ増えてきたんじゃないですか。これは自然に増えたのかというと、2つの大きな政策を実行したんです。今年の7月から中国から来られる方のビザの条件、前はものすごいお金持ちでなければ来れないという制限があったのを、中産階級の皆さんでも日本に来たい人は来れますよ、というふうにビザの条件を緩和したんですよ。

そしてもう1つ、前原国交大臣が北沢防衛大臣と相談をしたんですよ。何を相談したか、あの新千歳空港に外国の飛行機が降りられるのがものすごい制限されたんですね、いままでは。自衛隊の飛行機が飛び交う時は、外国の人たちにはあまり見てもらいたくないからといって、ものすごい制約されていたいたのを、今回、大幅に外国から来る飛行機が離発着できる時間をどーんと伸ばしたんです。この2つによって、これまでもすでに増えてきておりますが、これから10月に11月に来年になれば、人気のこの北海道に中国からのお客さんがもっともっと増えることは間違いはありません。

そして何と言ってもこの政策には何兆円、何十兆円というお金は掛からなかったんですよ。つまりはこれまでの行き過ぎの規制の緩和によって、こういうお客さんが増え、そしてあるいは札幌で買い物される方が増え、そしてそこに雇用が生まれてくる。これこそが地域活性化の、雇用拡大の私は一つのモデルケースだと思っておりまして、このようなことを全国に必ず広げていくということを、この場所でお約束させていただきたいと思います。

◇ ◇ ◇

今日の東京株式は、なんか知らんが高い。『今日の閣議で緊急経済対策が決定されたことを好感』ってことが原因だった模様。あと、日本振興銀行の破たんが円安を呼んだのも高くなった原因…皮肉だ。
4-6月期GDPの伸びが、年率換算で速報値の0.4%から1.5%へ上方修正されたのが効いた…とすると、エコカー補助金切れで自動車関連の先行きはどうよ、エコポイントで家電の先行きはどうよ、となってしまう。緊急景気対策は本質的景気上昇を意味しないので、底割れ防止以外の意味は疑わしい。

自社株買いを発表したキヤノンが大幅高(3750△200)なのは分かるが、ニコン、ソニー、パナソニック、トヨタ、ホンダ、日産も高い。株価指数並みに高くなったとは言えるが、円高一服ってやると不自然極まりない。1ドル84円00銭弱、1ユーロ106円50銭弱のどこがって感じるのが正直なところだ。

こんな日は逃げの一手だ! と買い玉をリリースしまくる自分。しこり玉のファーストリテイリングと、なんとか水準点に出た資生堂以外は手放してしまった。

日経平均  9,239.17 △140.78
TOPIX    833.72 △6.88
JASDAQ    48.19 △0.28



きょうペイオフが日本振興銀行(非上場)に発令されたが、円安方向に振れたので外需系株は高くなったため、株価指数的には反応薄の形となった。しかし、同行のグループ企業が売られる形に。ニッシン債権回収(#8426) がストップ安(850▼300)となり、中小企業信用機構(#8489)が急落(165▼18)。日本振興銀行からの資金調達依存度が高いインデックスHDも急落(4060▼180)。日本振興銀行とは直接の関係もないが、金融面での信用低下が著しい消費者金融各社も急落した。
武富士(160▼10)、プロミス(638▼21)、アコム(1228▼30)

金融株ってこれがあるから怖い。きょうは以上です。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム