★★1828・10/07/20の市況

きのうは眠れない夜だった。先日エアコンが壊れてしまったが、未明はそれほど暑くなかったのでそのせいではない。これといった理由はなかった。
ついつい「きらきらアフロ」を見てしまったが、その後も眠れず、気がついたら2時を過ぎていた。いったん寝たはずだが、4時ごろまた目が覚めた。窓の外からはヘリコプターが飛んでいるかの音が聞こえてきた。
ヘリの音そのものはさほどうるさくなかったので気にはならなかったが、とりあえずTVの電源を入れたら、ニュースで「金賢姫元工作員が羽田空港に」って流れていたので、このせいだとすぐにわかった。
ただ、そんなに頭を働かせる気にもなれず、浅い眠りに着いてしまった。

大韓航空機爆破事件からもう23年も経ったのか…と、新聞社のHPをみて思った次第。早朝4時に羽田空港着って、警護対策以外の何者でもない。6時になってしまったら一般客が徐々に現れてくる。その後は日本各地の便やソウル便・台北便などがひっきりなしに離着陸するため、金賢姫のようなテロの標的になりやすい人を、一般人と同じ空間におくわけも行かない。
それから、軽井沢までの道中も完全警護。これも、明らかにラッシュを避けていた。7時台に軽井沢へ着いたのだから、関越自動車道は6時台に通り抜けていたはず。仮に、首都高で渋滞に巻き込まれようものなら、マンションのベランダから狙われてしまう恐れもある。
そんなことで、首都高でも沿道にマンションが相対的に少ない湾岸道路+(荒川沿いの)中央環状線を使って、外環道に出てから関越に出たんだろうな…と勝手にコースを考えてみた。

金賢姫元工作員、形の上では「来日」だが、針のムシロに座らせられたようなものだ。座敷護送車に乗せられて、外界も見ることなく、23日まで日本にいる形なんだな。事が事だけに、腫れ物に触るような扱いをされるってことなんだわ。

こんなことを書いていくと、都内の公立小中学校では今日が1学期の終業式だったものの、融通利かなねえな…なんてことはすっとんでしまった。
これはこれで問題なんですけどね。土日月と3連休のあと、ポツンと半日学校へ行く形になってしまっているので、なんて効率の悪い日程を組むんだと思った。

たしかに、4/8から7/20が1学期なのは動かしようもない。ただ、必ずしもカレンダー通りにきっちり土日祝日を休日にする必要なんてないように思う。17日(土)を終業式にして、20日に振り替え休日の形にするぐらいのこと、できそうなものだ。
役所の窓口のようなところでは、融通を利かすことは不可能だが、学校はそうでもないはずだから、そのくらいやっても構わないはずだ。

そうはいっても、終業式をずらすことより、金賢姫の扱いの方を大きくしないといけないんだわな…。

◇ ◇ ◇

きょうの東京株式は、先週金曜日にあった大和CMの先物ドカ売りが、結果的に正当化されてしまった流れに。「ニューヨークの金曜日の下げ+月曜日の戻り」×「ドル安円高」の結果って感じ。

ソニー(2336▼68)、ホンダ(2605▼48)は当然のように売られたし、パナソニックは図ったように1100円未満で終わるし(1099▼20)、みずほは値決め前の安値135円を切ってしまった(134▼4)。ただ、金曜日に売りすぎたところへは買戻しの動きもあったようだ。花王(2044△6)、アサヒビール(1462△21)なんかがそんな感じ。

それにしたって、世界最弱市場って勢いは否定しようもない。酷い。
実は、4月末の終値と比較してみると、ニューヨークダウの下げ率と、日経平均のドル換算値の下げは大差ないのだとか。円高なので、日本株を売ってドル回収を図っている表れと思われ。
通貨としての円は最近、消去法で「世界最強」の座を押し付けられているが、実態はバブル状態。
バブル青田」なんて目じゃないくらい、バブりまくっている日本円がそこにある。そのバブルの二次的矛先は、いわゆる高利回り株。NTT、KDDI、NTTドコモ、ローソン、武田、アステラス…相対的にミョーに高く推移している感じだが、ヤバいぞ。バツ5のようにヤバいぞ。日本は安全地帯だった時代はとっくに終わっている。

日経平均  9,300.46 ▼107.90
TOPIX    832.26 ▼8.32
JASDAQ    50.30 ▼0.10

3連休中に、アイルランドの国債が格下げになった。G、P&G、GPSときた格下げがPIGSで揃った。あとはイタリアだけか…。と考えるのは素人だと思った。
そうです。日本を忘れてます。

最近の為替市場の動きを見ると、PIGSの格下げが効いてユーロ安→ドル安の流れになった上に、アメリカの景気指標がよろしくないのでドル安が上乗せって形になっている。
でもねぇ、日本の財政がどうにもなっていないって、わかってないんじゃあありませんかね、欧米の皆さん。中国もですよ。
ドイツはユーロ統合のおかげで、ユーロ安を享受してフォルクスワーゲンとかダイムラー、シーメンスなどが好調となっている。反面、日本は円高に、ほぼドル固定制の元、ウォン安などで酷い目に遭っているのが現実。中韓から来日してお金を落としていかれても、すずめの涙にもならないってのが現実。

格下げ前に円高バブルにされちまってるって感じ。

格下げで何が起きるかを考えてみた。

(0)国債格下げ
(1)すぐに円安になる。輸出系企業が喜ぶ
(2)その後の国債入札では、金利を上げざるを得なくなる
(3)金利が高くなると、金利を狙って円を買ってくる。円高で輸出系企業ぬか喜び。
(4)(0)-(3)の結果、円相場は元に戻り、長期金利だけ高くなる。経営がパッとしない企業は、もっとパッとしなくなる。

(0)-(3)が一巡するには1-2ヶ月ぐらい掛かるはず。金利が高くなっていいと思う人は間違いなくいると思うが、こんどは「物価上昇率>金利」となるはずだから、金利が高くなっても全然ありがたくない。それから、物価だけ上がって賃金が上がらない事態になることすら予想できてしまうので、全然ありがたくない。

(5)やがて超インフレがやってきて、円安が一気に進む。人件費は海外通貨で見て安くなるので輸出品の国際競争力だけはつきそうだが、石油や穀物など海外からの必須輸入品が値上がりしてしまうので、日本国中の生活が苦しくなってしまう。

単純には行かない。シャレにならん。結局、教科書通りではないか。
オチがわかって、ガクプルです。きょうのカキコは、以上です。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム