★★1821・10/07/12の市況

大江麻理子さまを鑑賞する夕べ

結果的に、そんなことになってしまったセブンイレブンの日。プライムタイムのセブンイレブンはテレビ東京にチャンネルロックだった。アヤパン、白金台の関根勤師匠、TOKIOは見なかった。セクシーナイト三原じゅん子や、探偵!ナイトスクープ岡部まり、「あなたの夢をあきらめないで」拝啓石井浩郎は見てしまったが…

大江麻理子の立ち位置って、なんとなく岡部まりっぽい気がしてしまう。アナウンサーというより、秘書って感じ。さまぁーずの秘書としてしまうとミスマッチな感じがしてしまうが、大企業の幹部っぽい池上彰や、中小企業のオーナーっぽい愛川欽也の秘書役としてしまえばそれなりに収まりがついてしまう。

きのうの参院選特番での池上解説は秀逸だった。組織票の項はよくやった! 創価学会、日教組、日本医師会、日本郵政、日本遺族会などを、プレゼンの図形式にして、はっきりと見せていた。また、テレ東の選挙速報を見たのは初めてだったが、他局のように開票情報をぶちこもうとしていなかったのはよかった。47都道府県分を1波で網羅するのは無理というものだからだ。

参議院選挙が終わった。南アW杯も終わった。
民主党は大敗の形になったが、岡部まり、岡崎友紀、庄野真代と「小沢ガールズ」を立てたのがどうも仇になってしまったようだ。なんか、消費税選挙のときの「マドンナ」のなれの果てっぽい。結局、民主党が負けたとするより、小沢一郎の選挙戦術が失敗だったとするしかない。小沢一郎が権力を握るとロクな事が起きないので、国民に忌避されただけだ。新進党の失敗を繰り返しただけ。それだけのことだ。小沢の歪んだ権力が、日本を貶めてしまったことだけは間違いないみたい。
それから、なぜか当選してしまった谷亮子、イラネ。借「金」をこさえてしまったようなものでしかない。Eラン帝京大学はOG議員誕生とお喜びだろうが、トヨタ自動車は忌み嫌うに違いない。

W杯での一番のスターは、気がついたらタコのパウルになってしまった。ドイツ予選の3試合と、ベスト16、ベスト8、ベスト4、3位決定戦のドイツ全7試合と、決勝でスペインが勝つことを予想してしまったのですから。
人間ではない動物がスターになるなんて、猿の次郎か、オグリキャップか、アザラシのタマちゃんか…ときどきこんなことも起きるものだと思ってしまった。

昨日をなぜ、セブンイレブンの日ってわざわざ書いたかって? セブン&アイのテレビCM大量配信がかれこれ2週間ぐらい続いているが、きのうはAKB48が出ている、セブンイレブンばかりが流されていたからだ。

◇ ◇ ◇

きょうの東京株式は、株価指数をひとからげにすると得体が知れない流れとなってしまう。それより、円安ドル高の結果で考えたほうがわかりやすそう。

そんなことで、ソニー、ホンダ、日産…外貨で稼ぎましょうってところが高くなったのが目立った形。ただ、ソニー、ホンダ、日産の上がり方、異様に買い圧力が強い。パナソニック、シャープでもそう。気色悪かった。そのくせしてキヤノンやトヨタが動かない。いびつだ。

「買われている」とするには不自然すぎた。何らかの強い力が加わって、ソニーやホンダに買いが集まったようにしか見えなかったのですから。ただ、きょうの雰囲気は年金でないことだけはそれとなくわかった。ソニーやホンダを狙うようなのは、オイルマネーですかね???

ソニーは2564円まで株価を吊り上げて、その後は株価を2550円台に落ち着かせるよう、1円刻みで100単元以上の売買板が並ぶ形がしばらく見られた。終わってみれば87円高の2532円。そのほか、ホンダ(2687△80)日産(655△12)トヨタ(3120unch)パナソニック(1191△8)シャープ(976△11)キヤノン(3450▼30)。ホンダに対するトヨタ、ソニーに対するキヤノン、いびつすぎる。ソニーやホンダでは円安ドル高の説明がつくが、トヨタやキヤノンを出すと得体が知れなくなってしまう。

その反対が電力株だが、上述のソニーやホンダの上がり方に比べれば、下げ方は大したことなかった。ただ、13時半の下げはソニーと電力株が平行して下がる形に。ヘンな流れだった。関電(2122▼27)中電(2203▼27)東電(2413▼32)と、円安デメリットの説明はつくが、1%以上の下げはやりすぎ。

参議院選挙で、民主党が改選前の54議席から44議席に減らす大敗を喫した形になったが、そのことで大きく政局に動きが出るとも思えないので、動きようがないってことなのだろうか。動いたのは株よりも為替の方。日本売りが円相場に出て、円安ドル高の形になっていた。

きょうのアジア・オセアニア市場を見ると、下がったのは東京と台北ぐらい。台北の下げは0.1%ぐらいなので、東京の下げが目立ってしまう。結局日本売りだったって事だ。

最近の株式市場は、政局がマイナスに働くと「円安→輸出系を中心にあげるので指数は高い」、政局がプラスだとその逆って、ヘンな循環と化してしまっていることだけは間違いないが、これはニュートラルなとき。今日は円安で指数が高いので、日本売りの中、一部の例外を除いた外需系が高くなった形だったと考えるのが妥当な線なのだろう。

日経平均  9,548.11 ▼37.21
TOPIX    857.70 ▼3.31
JASDAQ    51.50 ▼0.46

きょうは、寄り付き時点でミョーな動きが。ソニーは9時に寄り付かなかったのは円安のせいだったが、その一方で円安がメリットになるはずのキヤノンには売りが集まる形に。55円安の3425円で始まってしまった。
ソニーは真っ当だが、キヤノンは何で? 金曜日の報道で、上期の収益が好調だったので高くなった反動と考えれば理解できなくはないが、ソニーが高く始まった中でなんで? とはいえ、その後値を戻して余りある10円高の3490円まで行ったので、その後には疑問を持たないものの、寄り付きだけは何で? って思うしかなかった。

富士通がマイクロソフトとクラウドコンピューティング事業提携することがマスコミにリークされている。日経を見たら、NECと日立はどうするつもりだ…って記事が出されている。
NECと日立、まずいな。メモリのエルピーダ、半導体のルネサス、ケータイと事業統合を繰り返しているが、今度はコンピューターサーバー事業で事業統合に至るのかもしれない。そのうち、コンピューターシステム事業、通信機事業も事業統合するんじゃないだろうか…おいおいおい、まるで日本社会党から脱藩して民主党に移籍するようなもんじゃないか。NECと日立のITってダメダメじゃあないかい。ちなみに、NECと検索された他のキーワードで、NECのダメさは現れている。
「落ち目」「経営のダメさ」「フレックス 朝礼」「早期退職」「撤退」などロクなキーワードがない。日立はここまで行かない。これと同列なのはOKIぐらいしかない。
富士通=MS事業統合のなれの果ては、NECと日立のITが破綻することがおぼろげに見えてきてしまう。シャレになりませんな。

日立の原発・鉄道・自動車事業を残して、あぼーん?
横浜そごう・千葉そごう・大宮そごうと、木更津そごう・茂原そごう・錦糸町そごうのように、残すところとそうでないところの仕分けが、ジワジワと行われてるんだな。

日立(349△4)NEC(237▼3)富士通(572▼7)

今日のカキコは以上です。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム