fc2ブログ

1/14・NHK黒現「あふれる“ポエム”」は、暗黒すぎて気色悪かった

フジテレビのアナウンサーが、スポーツ中継でポエムを叫ぶぐらいだったら「なに自己陶酔しているんだよ」扱いで済んでしまうが、ポエムを悪用されたらたまったもんじゃない。

レトルト食品のごとき岡村孝子が唄うタイトルが「ガンバレ」ばかりで痛すぎるように
柔道金メダリスト・谷亮子が選手だった当時の言動が「応援を強要する」ばかりで痛すぎるように

昨日のNHK総合・クローズアップ現代で取り上げていた内容は、実に気持ち悪かった。

ムラ社会の排除の論理、過剰適応を強要するよそ者排除の論理、与えられた仕事さえ機械的にやっていればいいと仕向けて最大利益を搾取しようとするブラック企業の論理が見えてきてしまった。

過労させて思考力を奪い、絶叫させてさらに思考力を奪い、そこに歯が浮くしかない「きれいごと」で美化し、洗脳していく。

そんな悪行が横行している。

巨人の星、「ほしがりません勝つまでは」「大和魂で戦え」みたいな精神論ばかりを押し付けても、「素質がない」ところでどんなにがんばっても結果はしょぼくならざるを得ないというのにwww

「居酒屋甲子園」と称して、綺麗事を並べ、同調を強要する…

実際には、「賃金搾取」を「ポエム」にすり替えているだけ…
ごまかし、だまし、イカサマ、口がうまい、詐欺師と何が違うんだ。

TOEIC600点、日商簿記、電気工事士などの資格で「昇格=賃上げ」を拒絶する言い訳を施したら、犬や豚こそ従ったものの、死屍累々、モチベーション低下の逆効果に見舞われたばかりか、半沢直樹的な怨念の「倍返し」で客を奪われたり風評被害に見舞われる事態になってしまった。「良い収入を得て、社会的にも認められる」本来の要求を都合よくすり替え、ごまかし、だましているだけ。

さらに、価値を作る人からそっぽを向かれてどーにもならなくなってしまった。

コストカットの矛先として、「資格」もなければ市場価値も低い者を、低賃金で働かせるしかないということで、口実として、これまでの「絶叫」「洗脳」に上辺だけの「ポエム」を付け足して正当化しているとしか考えられない。「ポエム」でやっていることは、役立たずのポイント供与、実益に伴わない点ばかりの「称賛」と何ら変わりがない。

他人の幸せのために、自己犠牲だなんて、いかにも日本人が好みそうなお話になるのであるが、自己犠牲の先が「弱者」じゃなくて、暴利をむさぼる悪徳経営者だとしたら、あまりにもやりきれない。ブラック企業なんかのために自己犠牲になっても徒労であることを理解できないし、しようとしないバカさ加減に気がつけない。目を覚ませない奴は放っておけ。

市場価値を作る能力がある人は、基本的に知的レベルが高いので、「ポエム」のようなものに隠される「ウソ」「悪意」を見破ってしまうので、彼らに「ポエム」を押し付けても効果がない。むしろ、反感・反発・嫌悪・拒絶の原因とすらなりうるのである。



【番組概要】
居酒屋、介護士、トラックドライバーなどの業界で、「甲子園」と呼ばれるイベントが人気だ。「夢をあきらめない」「みんなを幸せに」…どれだけ言葉が心を打ったかを競い合う。震災以降、こうしたシンプルで聞き心地のいい言葉の多用が、若い世代のみならず、広告宣伝や企業の研修、そして地方自治体の条例など公共の言葉にも広がっているとして、社会学者や批評家らが「ポエム化」と呼んで分析を試み始めている。共通する特徴は、過剰とも思える優しさ・前向きな感情の強調だ。この風潮を特に支持するのは、「年収200万円時代」の低収入の若者層と言われるが、厳しい現実を生き抜くために現状を肯定しようとする傾向が年々強まっているとされる。「ポエム化」の現場を通し、社会で何が進行しているのかを考える。
【番組概要ここまで】



こういっちゃあなんだが、「甲子園」は肉体労働系ばっかりだわ。アニメーターやSEなど、長時間労働低賃金だが頭脳労働系がリストアップされていない現実に要注意だ。

「ポエム」にやすやすとだまされるような輩は、詐欺の被害に遭いやすいみたいな傾向があるように思える。情緒的教育しかしてこなかった、バカな日本の学校教育が生んでしまった悲劇としか思えないのである。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ブラック企業
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム