★★1753・10/05/26の市況(その1)

吉沢明歩のマスカットが、麻美ゆまのビデオが、杉本有美の写真集が…こちらはなんとなく書ける。
一方、吉川ひなののショーが、ギャル曽根の大食いが…書きにくい。
こんなことを書いていると、堕落していると思い知らされてしまう。でも、こんなのはてめぇの勝手だと切り捨てればいい。

一方、日本って、「ルーピー」というか、完全に堕落した国家に成り下がってしまった。こちらは看過できない。
普天間問題といい、自然消滅を待つ社民党・福島みずほの沖縄入りといい、株価暴落を平然と見守るだけの政府与党といい、堕落の限りを尽くしている。

NECや富士通のような、不当利権と飼い殺しの堕落差別企業は掃いて捨てるほどある。ヤマダ電機・佐川急便・日本電産・ゼンショーのように、「ブラック企業」として名前が行き渡ったところでは、「どこも雇ってくれなかったから仕方なく行くしかない」みたいな人であふれる形となっている。

日本って、平成に入ってからどんどん堕落してしまった。「子孫に借金を残す」施策ばかりが行われ、すでに活力なんて失われてしまった。

地方都市の多くは、どんどん衰退へと向かっている。これは「収入が得られない」とその地を捨てて大都市へ向かった結果でもある。

消費も設備投資も細り、お先真っ暗な日本経済である。こんな日本、と見捨てるしかないのが現実だ。身を守るにはありとあらゆるものを切り詰めなければならない。晩婚化・非婚化、少子化なんてものはそんなことの対応策でしかない。経済的な理由で自殺者が増えているのもそんな一環。

とにかく、夢や希望など持たず、絶望の淵を歩くしかないのがこの国の現実。格差を打開するにはどうすればいいか…これを追求してサイテーな状況から脱する以外に、打つ手はない。

NHK「あすの日本」プロジェクトと三菱総合研究所の調査によると、35歳の未婚男性の20.6%が結婚を希望せず、生涯独身でいたいことが明らかになっている。

「仕事に対する努力が足りないのでは、という意見もあるかもしれません。でも、将来への希望を持てないから、そんなに必死になれない人が多いのも現状です。とにかく諦めている、という感じ。20台、30代前半までは頑張っていたのに、何も救われない、ということが分かると『頑張ったところで...』となる人もいるのです」

これが現実。何にも報われないところで、行動を起こしても搾取されるだけだ。
「生涯独身でいたい」と調査では積極的に書いているが、現実には消極的な選択と見なければならない。

現在の民主党が、全てにおいて動きがトロい事はさんざん書いている。だが、日本人の動きがトロいことは、お役所仕事などでいままでもさんさんみせつけられてきていること。このことは、海外の人にもわかることだ。実は2年前に、韓国人がコラムに書いていることを見つけ、そのことを当ブログで書いていた。

【臨機応変が通用しない「規則の国」日本】
http://ameblo.jp/platinumhills/entry-11581706020.html

国民性がダメなんだと嘆くしかない。これでは「規則」で差別され、不利益を蒙る人が、「規則」で救われない。そんなお先真っ暗の状況で「頑張れ」っていわれて、頑張れますか? 根性で仕事させられ、低賃金で働かされ、倒れてしまったらそのまま死ぬしかないのが今の日本なんですわ。

  • 人をゴミのように扱いすぎ!その結果が今の状態だよ。どの製品も低品質になった...
  • 企業が高望みしすぎです。人を育成するつもりが全く無く、即戦力ばかり望んでいる。
  • 江戸時代は上の立場が給金を減らし雇用を守っていたのに、米国かぶれだね。

これが今の現実。

ひとごとのように書いているが、実は自分が直面していることでもある。先日キヤノンのデジカメは買ったが、基本的にチョー緊縮生活を強いられている。この件は別途の形で。

「富士通川崎工場での自殺はなぜか本館6階からの飛び降りだったらしい。西側のベランダみたいなとこからみたい。」
「NECの本社ビルも、屋内吹き抜けで. NEC社員が飛び降り自殺してる、自殺の原因が部署内でのイジメだか過労だかだったらしくて. NECが緘口令を出したため、公にならなかったらしい」
こんな恨みがそこいらじゅうに漂っていそうだ。緘口令を出したって、今では無意味なんですって。武蔵小杉や武蔵中原で、また人身事故が起きてしまいそう…

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム