★★1709・10/04/20の市況

昨晩のTVタックルに麻生太郎・前総理大臣が出ていた。
福田康夫が自民党総裁選に出馬した際、対抗候補がいないと選挙にならないからという理由で総裁選に出たとか言っていたのはおぼろげに覚えているが、あまり記憶に残っていない。やや苦笑ぎみに見ていたのだが、あまりにも体調が悪く途中で寝てしまった。目が覚めたらAM2時前。つけっぱなしだったテレビの電源を切って寝直した。

岡本真夜の「そのままの君でいて」が上海万博PR曲でパクられたとされる問題は、大人の対応で決着する形に。結局、お蔵入りとするには手遅れな上に、新たな曲を作るには時間が足らず、費用対効果の意味で岡本側に謝罪の形を取ったほうがましだって結論なのでしょう。
「そのまま~」が悪い形で使われてはいないので、「作曲:岡本真夜」とクレジットすることで決着しそう。

筒美京平の楽曲でよく起きていた「作曲者変更扱い」が、こんなところで起きてしまったのかと考える以外にない。

オリコンでは最高位8位、1997年年間順位117位ってことなので、日本国内でも忘れられていた形だが、中国ではもっと知る人が少ないはず。そんなことで、万博事務局は気づかずに採用してしまったってことだろう。

ニュースやワイドショーでこの曲が取り上げられたり(印税が発生する)、この騒動のおかげで「着うた」30位になったなど、現実的な実入りがすでに発生し始めている上、日中両国で仕事が増えることは十分考えられる。岡本側にとっては、ひょうたんから駒の世界ではあるが、ちっとも悪い話じゃない。楽曲印税はもとより、上海万博でのイベントから年末の紅白歌合戦に至るまで、仕事が増えることは間違いない。このさきのコンサートでは「must sing」になってしまった。一番売れた曲と、一番有名な曲が違う人の例に並んでしまいそうです。

※クリスタルキング(大都会=北斗の拳)、杏里(キャッツアイ=オリビアを聞きながら)の例が決定的。シングル化されなかった竹内まりや「駅」のケースもあれば、ヒット曲とは言えない徳永英明「レイニーブルー」・来生たかお「Goodbye Day」のように、ヒットチャートの順位を見せられると、低すぎるとしか思えないものもあるのが現実です。

芸能ネタ2本を書いてしまった。

◇ ◇ ◇

今日の東京株式市場は、きのうの「ゴールドマンショック」が、当事国の米国でのニューヨーク株式市場で否定された形になったものの、その効果は大したことなく、上海の下落やらインドの利上げ、ゴールドマンサックス訴追が口火を切る形となった「金融規制強化(まだ観測のレベルだが)」が売り込ませる形となって、前場の上げを帳消しにする形となってしまった。
アジア市場を見ると、日本のチキンぶりが際立ってしまう形だった。

日経平均 10,900.68 ▼8.09
TOPIX    972.11 △1.27
JASDAQ    54.11 ▼0.17

ピンポイントで言えば、ここのところドコモやJRの買いが強すぎる。もっともらしい理由? わからん。JRは「高速道路休日1000円が2000円へ緩和」、NTTドコモは「SIMロック解除の受益者」とこじつけられるが、イマイチ説明になっていない。この4社は、3月下旬から7-10%上昇している、上げ材料には違いないが、ここまで上げるほどの材料なんかじゃない。

JRに対する東急・阪急阪神・東武・小田急、NTTドコモに対するKDDI、ソフトバンクで考えても異常だ。JR3社は、都市近郊の私鉄各社より長距離客が多い分景気に左右されるとも言えるが、デパートやホテル事業を持つのは共通なので、ほとんど動きがない東急・阪急阪神・東武・小田急を見てしまうと不自然になってしまう。

NTTドコモの件は、ドコモvsKDDI・SBで見ると異様だ。しかし、ドコモの大株主であるNTTを入れて、ドコモvsNTT・KDDI・SBで見たらなんとなく納得がいった。要はケータイ買いの有線売りであると。

NTTやJTが含められないので話は薄くなってしまうが、国鉄や電電公社を買っているような気にさせられてしまう。世界景気が回復基調だと日本は衰退方向なのは避けようもない。それなのに、なんで日本バリバリのところが買えるの? わけワカンネ。

◆◆◆

ここからは、売られ過ぎのKDDIについてです。
前場は高いときもあったものの、今日も下げてしまった(455000▼6500)。
今日は信用買いの強制処分売りも出たのではないか?
ときどきクレージーな安値をつける株ではあるが、酷すぎます。

KDDIだけを見ればそうなるが、どうも『docomo買い=au・SB売り』であるらしいと分かった。一瞬、単純に考えたが、ドコモ株を60%保有するNTTを加えると『docomo買い⇔NTT・KDDI・SB売り』と変わってしまった。
要するに有線通信売りだと。NTTは言うに及ばず、KDDIは旧DDIの、SBは日本テレコムを持っている。「ケータイ事業のプラス<有線事業」のマイナスって雰囲気だと分かってしまった。
ソフトバンクはSIMロック解除でドコモに客を取られる懸念がとか、KDDIはスマートフォンがショぼいので客を取られる懸念がと考えてみたが、NTTドコモの親会社・日本電信電話も大して株価が動いていないと分かってしまったので、無意味だった。

結局、PERで考えるしかないことに落ち着いてしまった。KDDIのPERは8-10倍で、安定的な業績が見込める。今期の業績下方修正は、設備除去損失によるもので一時的。それでも、PERは10倍割れ。とにもかくにも割安なんですけど。

そこのところを理解している人はいると思うのだが、証券会社や信託銀行に手数料を献上する形の年金資金、データを見ずに中長期投資をする個人投資家が多数いては、バーゲンセールが妥当とする証券会社の誤ったご意向に従うだけ。

ここまで来ると、どこぞの証券会社が低いレーティングを使って、株価を安くして買い集めをやっているんじゃないかと思えてしまう。J:COM対策のために住友商事が買い集めていたとしてもぜんぜん驚けない。

事業拡大もいいんですが、そろそろ自社株買いに動くべき。バーゲンセールは1円ケータイぐらいにしてもらいたい。

今日のカキコは以上です。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム