なんで銀河鉄道999? JR山陰線米子駅

2014年5月1日の夕方、鳥取県の米子駅前にいた。

もともと行く予定でいたのであるが、まさかの「USBシガーソケット充電器が壊れた」事態から、乗っていた日産スカイラインでの充電ができなくなってしまい、スマホの充電が足りなくなってしまったので、カーナビに従って市内のケータイショップへ行って、スマホの充電に駆け込む事態にされてしまい、そこで30分ぐらいタイムロス。

山陰中央テレビ」らしいが、ドラゴンボールなんぞを見る羽目になってしまった。

ある程度充電ができたので、ケータイショップを後にした。
まだ日が落ちる気配もなかったので、米子駅前に行ってみた形だ。時間は17時頃だった。米子駅前で写真を撮った。

駅の写真…とするより、駅前広場の写真とした方がいいような気がする。

ただ、かなり忘却の彼方へ行ってしまったところに、文書構成をやる気力も残っていないので、お粗末な文になってしまっていることをお許し下さい。






米子駅に併設するような形の、JR西日本米子支社。

このアングルで見てしまうと、大病院か、市役所か、小学校/中学校/高等学校の建物のように見えてしまう。

この建物の一部がJR米子駅に使われる形だ。


パッと見で思ったのは、「日本国有鉄道米子鉄道管理局」の建物をそのまま使っているっぽいこと。
自分が知る限りでは、新潟駅北口の「日本国有鉄道新潟鉄道管理局→JR東日本新潟支社」にどことなく造りが似ている。
老朽化問題が生じるまで、建て替えにはならないと思われる。

「日本国有鉄道米子鉄道管理局」は、「JR西日本米子支社」へ変わり、鳥取県・島根県の大部分と、広島県の一部を管轄している。米子支社は「山陰支社」と言い換えて構わないような気がする。

出雲市、松江、鳥取のように高架化されていない。それはそれで構わない。


米子駅の改札。改札の上の壁面に、大山(だいせん)をバッグにした街並みの絵が描かれている。

出雲市駅・松江駅と同じく、山陰地区では自動改札にはなっていないので、有人改札となっている。


北口の広場には、鉄道車両の車輪がモニュメントとして置かれている。

JRの駅前広場では、よくあるものである。


駅前広場には「銀河鉄道999かよ」と思うしかないモニュメントが設置されている。

だが、「銀河鉄道999」を示すようなものは、どこにも置かれていない。作者の松本零士の足跡のようなものもない。
松本零士は福岡県久留米市出身、少年期は小倉市(現・北九州市小倉北区or小倉南区)で過ごし、高卒後に上京。

じゃあ「銀河鉄道の夜」なの? と考えてみたが、作者の宮沢賢治は岩手県の人なので米子と縁もゆかりもない。

実際には「銀河鉄道の夜」をモチーフに造られたとのことだが、どうみても「銀河鉄道999」をモチーフに造られたとしか見えない。宮沢賢治は1933年没なので、このモニュメントを作った際は没後50年以上経過していたので文句が付けられようもない。「銀河鉄道999」のタイトルも「銀河鉄道の夜」から頂いたっぽいので、「銀河鉄道の夜」とされてしまうと文句をつけるわけにはいかない。



米子駅前広場の地下に設置された、地下駐車場の入口である。
駅前に無料でクルマを停められそうな所は、その時点ではピント来なかったので、入った。

地下駐車場は30分まで利用料金無料とのことだが、その場で「ATM利用のついで」の口実で、隣の米子郵便局の無料駐車場に止めた方がどう考えても合理的と気が付いたので、停めずに出てしまった。

平日17時の時間帯のせいかもしれないが、ガラーンとしていた。
お役所仕事にありがちな、「絵空事の需要予測で必要な口実をこさえてハコモノを作ればいい」のようにすら思えた。

地下にご立派な駐車場をつくる必要なんてなくて、駅前広場の一部を地上式駐車場として使えば十分な雰囲気だった。

「無駄に税金使いやがった地下駐車場」が厳然として存在している。いかにも赤字って雰囲気が漂っていた。

シルバー人材センターのようなところから手配されたと思しき60代・70代ぐらいのおじいさんが中で案内していたが、それもいつまで続くんだろうか…





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム