★★1645・10/03/04の市況

きょうは社畜企業へいやいや行った。腐りきっているのは相変わらず。
自宅にいれば、建物取り壊しの重機の音や振動に邪魔され、はしたガネのためだけに社畜企業へ行けばくだらない会話やバカ笑いが聞こえて気分が悪くなる。
こんな状況に晒され続けると気分はどんどん悪くなってしまうものだ。

きょうは、行きの電車で、前方の車両が詰まっているからとの理由で、行き先の最寄り駅へは数分遅れる形に。駅についてからは、走るまでは至らなかったものの、必至で歩いた形になってしまった。腐りきったところのために、なんで必至にならなーアカンのや(怒)!
一分でも遅れようものなら、遅刻扱いか半日休暇扱いに。バカバカしくてやってられないので、駅から自宅へUターンしようかと、電車の中で考えてしまったものです。

自宅から社畜企業のあるところまでは30分足らずなので、午前中をただ働きにくれてやるぐらいなら、自宅へ帰った方が合理的だからです。

きょうは、世間では大した話もなさそうな雰囲気。Yahooのヘッドラインを見ていたら「チャン・ドンゴンが女優と結婚」「SPEED上原多香子に熱愛報道」なんてやつがヘッドラインに来ていたぐらいなのですから。引っかかったのは、昨年12月に生活保護受給者が1956年5月以来53年半ぶりに180万人を突破したことぐらいか。これも現状認識ってレベルですけど…。当時の日本人口は9000万人程で、今は1億2700万人程なのであることと、経済状況が単純比較できないことから、これだけでまずいとは言えないものの、歴史的な酷い状況と化していることは否定の余地もありません。

<生活保護>180万人を突破 09年12月
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100304-00000032-mai-soci

株ネタを扱うところ的には「ギリシャが48億ユーロ(5800億円)の緊縮措置発表、ドイツは支援否定」ってロイターが報じたものが重要事項となるが、最近ずーっと報じられているニュースの続きみたいな感じであるし、決定稿が出てくるまでは様子見でいいように思えてしまう。ギリシャのGDPは、愛知県より小さいって聞いたことがある。欧州経済に影響が及ぶことは否定できないものの、ここだけに限定されるならばそれほど騒ぐ必要もない。財政問題が懸念されるところは、イタリア、スペイン、ポルトガル、アイルランドとあるが、こちらにも緊縮の波が及んだときは問題となってしまいます。

ギリシャの財政危機が…って高みの見物はしていられない。日本の財政も危機的な状態なのですから。「飛行場が欲しい」「港が欲しい」「鉄道が欲しい」って先人たちがやったツケが回ってきた結果がこれなんです。ついでに、作った施設にはメンテナンス費用も掛かってしまう。さらに、施設が増えすぎた結果、真に必要なところへメンテの順番が回ってこない副作用まで起きています。生活保護に限らず、市民生活に回される資金も少なくなるので、生活が悪くなっていることも否定できません。

◇ ◇ ◇

今日の東京株式市場は、前場は様子見って雰囲気だったが、アジア安と先物安に影響されて、後場は下落の流れとなってしまった。
それはともかく、決算期末の3月なので、機械的処分売りや買戻しがはっきりと見える形に。わかっている限りでも、処分売りを見てしまったものはKDDI(471000▼12500)、機械的な買戻しを見てしまったのは中部電力(2387▼3)だった。
値下がりしたのに何が買い戻しだって? 株価指数と比較すれば一目瞭然です。

日経平均 10,145.72 ▼107.42
TOPIX    897.64 ▼8.01
JASDAQ    50.84 △0.05

日本には、株価を動かせるような個人投資家って皆無に等しい。福井の収集家とか、BNF氏のような人はいないではないが、日本国民の国民性のせいか、決して表立って行動しようとはしない。
福井の収集家・山田勝三氏は、株で財を成した人なのだが、株の人というより「長嶋茂雄コレクター」とされている。先日亡くなった小林繁氏の面倒を見た人でもある。
BNF氏は投資家としてTV出演しているが、投資手法をきちんと紹介しているところなど見たことがない。
株を主戦場にした人ではないが、住友銀行当時に為替取引で頭角を表した宿沢広朗氏(故人)は、世間ではラグビー日本代表監督の方で名前が知られている。訃報を報じたニュースでは、「ラグビー日本代表監督」ばかりが取り上げられた。
こうした人たちは海外だったら、大手を振ってイベントとか講演会が開かれるというのに…。

そんなこともあるので、日本では投資って考え方が低調になってしまっている。
「円高だから電力株は買いだ!」「JCOM株式買取は不快感を持たれてしまったのでKDDIは売りだ!」って、パブロフの犬のような反射的な判断だけが支配してしまっているように思えてならない。
個人投資家が目立たない代わりに、年金とか金融機関が目立ってしまっている。そこで実際に運用を行っている人たちは、所詮宮仕えだ。大局とか真理よりも、声のでかいヤツにしっぽを振らざるを得ない。この結果、株価構成を歪ませているってことに気づいていないんじゃないかい?
それから、プログラム売買もこんな歪みに拍車を掛けているはずだ。プログラム売買は、個別の株価の行き過ぎなんて関係なしに、相場の流れの中で利益が出るような売買をするだけ。大局観なんて関係ない。例としてニコンを上げるが、場中の板の動きを見ると「いかにも」って感じのやつが散見される。この「いかにも」ってやつがプログラム売買、プログラムによる指値をいじる行為なのだ。

結局、取引制度の不備と、国民の意識の低さによって、株価の歪みを生み、海外の証券会社から日本円を強奪される形になっている形だ。円高でニコン(1938▼45)は一息ついているが、まだまだ高いと言わざるを得ない。中部電力は円高メリットを享受することは理解するも、電力他社と比較すればバカ高なのが現実です。

意識をきちんと持って、安すぎる株には買いを、高すぎる株には売りを入れる人を増やさない限り、不当な株価が続出してしまうんです。

きょうのカキコは以上です。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム